「家族でLINEモバイル」、3回線契約時の事務手数料を約10,000円→1,000円前後に節約可能に

LINEモバイルは、既にLINEモバイルを契約中のユーザが、同一名義で回線契約を追加する場合の契約事務手数料を割引することを発表。

割引額は契約タイプによって異なり、音声通話対応SIMカードの場合は追加契約に伴う手数料が無料となっている。(データSIMの場合は1,080円に、データ+SMSの場合は540円に割引される。)

■LINEモバイル:同一名義2回線目以降の事務手数料を割引
LINEモバイル:同一名義2回線目以降の事務手数料を割引

■契約タイプ別、事務手数料の割引額
データ+SMS+音声:3,240円→0円
データ+SMS:3,240円→540円
データ:3,240円→1,080円

LINEモバイルの公式Blog(上記リンク)では、「家族でLINEモバイル」を利用するケースで、同一名義で複数回線を契約することで契約事務手数料を節約、従来は3,240円×3回線分=9,720円分発生していた事務手数料が、既存契約者の名義で音声通話対応SIMを契約することで、合計3,240円になる例が紹介されている。

■LINEモバイル公式Blogにて紹介されている事務手数料
1回線目:3,240円
2回線目:無料(1回線目と同一名義)
3回線目:無料(1回線目と同一名義)
※価格は税込

LINEモバイルの公式Blogにて紹介されているよりも事務手数料を安くする方法として、1回線目の契約時にLINEモバイルの「エントリーパッケージ」を利用することで、通常は3,240円の事務手数料をエントリーパッケージ相当の1,000円前後に節約する方法がある。

仮に、1回線目の契約に「エントリーパッケージ」を使用し、2・3回線目の音声SIMを同一名義にて契約する場合の契約事務手数料は以下。

■エントリーパッケージを活用する場合の事務手数料
1回線目:約1,000円(エントリーパッケージの代金相当)
2回線目:無料(1回線目と同一名義)
3回線目:無料(1回線目と同一名義)
※価格は税込

LINEモバイルの契約時に「エントリーパッケージ」を使用する方法については以下エントリにて紹介している。

LINEモバイルの事務手数料3,240円が1,000円以下!「エントリーコード」を使った申込方法の紹介
LINEモバイルの契約事務手数料(通常3,240円)が無料になる「エントリーパック(エントリーコード)」を使ったLINEモバイルの申込方法のご紹介。 エントリーコードを使ってLINEモバイルを申込すると、契約事務手数料の3,240円相当が無料となるので、新規にLINEモバイ...

LINEモバイルの「エントリーパッケージ」は、Amazon.co.jpやヨドバシカメラなど各種家電量販店などで取り扱いされている。音声通話対応版と、非対応版では商品が異なる点には注意。

Amazon.co.jpでの販売ページ(音声通話対応SIM)は以下にて。

Amazon.co.jpでの販売ページ(音声通話非対応SIM)は以下にて。

LINEモバイルの申込は以下にて。