『mineo』が料金値下げ&通信量増量 月間2GBが980円、4GBが1,590円 – 直近3日間の通信量に基づく速度制限を撤廃

スポンサーリンク

KDDI系のMVNOサービス『mineo』(マイネオ)は、2015年2月1日より現在提供中の料金プランの通信量増量&値下げを発表。改定後のプランではデータ通信のみのタイプ(シングルタイプ)で1GB/月が850円(税抜)、2GBが980円、4GBが1,580円にて提供されるほか、通信速度制限の『直近3日間の通信量が500MBを超えた場合』の速度制限が撤廃される。

「mineo(マイネオ)」新料金・新端末の提供開始およびお客様利便性向上施策の実施について|プレスリリース|ケイ・オプティコム

株式会社ケイ・オプティコム(以下ケイ・オプティコム、代表取締役社長:藤野 隆雄/本社:大阪市北区)は、携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」において、2014年12月24日(水)から京セラ製新端末「LUCE(ルーチェ)」、2015年2月1日(日)から従来の料金より値下げとなる新料金プランの提供を開始いたします。また、各種お客様利便性向上となるサービスを2015年1月より順次実施してまいります。

mineoの改定後の料金プランについては以下。

mineo:改定後の料金プラン(2015年2月1日より)

データ通信量 1GB 2GB 4GB
データ通信のみ 850円 980円 1,580円
(参考)1GBあたり金額 850円 490円 395円
音声 + データ通信 1,460円 1,590円 2,190円

※価格は税抜

今回のプレスリリースの中で、mineoの契約数が42,000件となっていることが公表された。

2014年6月のサービス開始より大変ご好評をいただき、全国各地の幅広い年代のお客様より、すでに4万件を超えるご契約をいただいております。

mineoの契約者数はサービス提供開始から1カ月半の時点で20,000件と発表されていたため、その後の伸びはやや緩やかであるように思う。このあたりはiOS 8以降の端末でmineoサービスが利用できない(関連エントリ)ことなども関係しているかも。
※ただし、ケイ・オプティコムでは『計画通り加入が伸びている』としている。

サービス開始から1カ月半で、「mineo」の契約数が2万件に達したと紹介。

引用元:「mineo」に2GB/3GBの新プラン、「AQUOS SERIE」も提供へ – ケータイ Watch

docomo系のMVNOで通信量無制限プランを提供する『ぷららモバイル』や『U-mobile』と異なり、設備増強の都度の公表はしていなかったものの、mineoでは6月 〜 12月までの間に10回の設備増強を行ったことを発表。なお、容量無制限系のプランについてはサービス提供予定が無いとしている。

ユーザー数とトラフィックの増加に伴い、回線も増強しており、サービスを開始した6月から12月までに10回の増強を実施したという。

また、一部他社で提供されている容量が無制限のプランについては、サービスコンセプトや収支の構造からも提供する予定が無いとしている。

引用元:mineoが1GB 850円~に値下げ、京セラ製エントリースマホも追加 – ケータイ Watch

mineoはプレスリリースにて“音声通話機能付きのデュアルタイプの契約が増加傾向にあり、メイン回線として「mineo」をお選びいただいているお客様が増加しているのではないかと考えております。”としており、データ通信だけでなく音声通話を含むメイン回線としてmineoが選ばれるケースが増えている模様。

MVNOが『データ通信専用』ではなく、MNOからの乗り換えなどで『メイン回線』としてニーズが増えていることは、ビックカメラの店頭でBIC SIMの開通手続などが行える『BIC SIMカウンター』が増えていることからも明らかで、今後は『メイン回線としてMVNOサービスを使う』というユーザも増えてきそう。
関連エントリ:BIC SIM カウンターがビックカメラ札幌店にオープン!15年2月末までに全国で10店舗に拡大予定 | shimajiro@mobiler

なお、12月18日(木)からはmineoと同じくKDDI系のMVNOとしてKDDIバリューイネーブラーによる『UQ mobile』サービスが提供開始されている。

料金プラン・サービス | UQ mobile