mineoはiOS 8.1でも利用不可、iOS 8.0以降への対応は断念

ケイ・オプティコムがKDDIより設備を借り受けて提供するMVNOサービス『mineo』は、Appleの提供する最新版OS『iOS 8.1』で同社サービスが利用できないことを発表。

mineoユーザーサポート|お知らせ|詳細

本事象については、弊社での構成プロファイル等での対策が難しい状況のため、弊社として今後のiOS 8への対応の予定はございません。
しかしながら、Apple社に対して、mineoサービスがiOS 8およびiOS 8.1で利用できるように引き続き要望してまいります。

同社サービスは、iOS 8.0でも同様にサービスが利用不可となっており、今後も構成プロファイル提供などによって、ケイ・オプティコム側から対応を行うことは難しいとして、ケイ・オプティコム側の対応によってサービスが利用可能となる見込みが無い事を発表。

ただし、今後もApple側への働きかけについては続けていくとしており、今後mineoがiOS 8.0以降の端末で利用可能となるかは、Apple側の対応に委ねられた形になる。

ケイ・オプティコムの提供するmineoと同じく、MVNOのサービスであるIIJなどのサービスについては、iOS 8.0以降ではテザリング利用が可能となるなど、iOS 7.x以前のバージョンと比べて対応状況が改善しており、MVNOでもドコモ系のMVNO(IIJなど)とKDDI系のMVNOで明暗がわかれている。

Appleの製品は、動作保証がされている通信事業者(ドコモ/KDDI/ソフトバンクモバイル)以外で利用した場合に、通信そのものができなくなったり、テザリングやLTE通信を利用することができなくなるなど、他のプラットフォームの端末と比べるとトラブルが多いので、MVNOキャリアのSIMカードで利用する場合、こういったリスクがあることには注意が必要。