東京メトロ全線全駅のWiMAX 2+エリアを調査、9割の駅でエリア化完了

東京メトロの全線・全駅で「WiMAX 2+が使えるか?」を確認してみたところ、2017年10月の時点で大多数の駅でWiMAX 2+が利用可能だった。

■東京メトロの全線・全駅でWiMAX 2+のエリアを調査
東京メトロの全線・全駅でWiMAX 2+のエリアを調査

東京メトロの駅数は全179駅。このうち、WiMAX 2+が利用できなかった駅は18駅で、およそ9割の駅でWiMAX 2+サービスが使えた。

3駅以上の区間でまとまって使えなかったのは、丸ノ内線の中野坂上駅〜新宿駅および方南町支線にあたる方南町駅〜中野新橋駅、東西線の竹橋駅〜茅場町駅、副都心線・副都心線の地下鉄成増駅〜氷川台駅、日比谷線の八丁堀駅〜人形町駅ぐらいで、その他の駅に関しては既にWiMAX 2+サービスを利用することができた。

ただし、WiMAX 2+の地下鉄エリア化は「駅の両端に基地局を設置して次の駅の方向に向けて発射」する方式なので、駅と駅の間のトンネル区間では圏外となったり、データ通信が切断されたりすることもあるので「地下鉄移動中にずっと快適な通信ができる」という意味ではない。

詳細については、ITmediaに掲載されているのでご紹介まで。

ホントは使える? 東京メトロ全駅で「WiMAX 2+」エリアを調査 (1/4) – ITmedia Mobile