品川区・大田区のシェアバイクが他区連携に参加、都内9区合計でポート数は450箇所に拡大

スポンサーリンク

ドコモ・バイクシェアが提供する自転車シェアリングサービス(ちよくる等)の広域利用エリアが2018年4月1日より拡大する。

【報道発表】品川区、大田区における自転車シェアリング「広域相互利用」を開始 | 株式会社ドコモ・バイクシェア

株式会社ドコモ・バイクシェア(以下、ドコモ・バイクシェア)は、「コミュニティサイクル事業実証実験」の運営事業者として品川区と大田区で2018年4月1日(日)より「広域相互利用」を開始いたします。

既に広域利用が可能な都内7区(千代田区、中央区、港区、江東区、新宿区、文京区、渋谷区)に加えて、4月1日からは大田区と品川区を加えた都内9区にて、ドコモ・バイクシェアのサービスが相互利用可能となる。

■大田区コミュニティサイクル
大田区コミュニティサイクル

自転車のレンタル・返却に必要なポート数は、都内7区合計の約380箇所→9区合計で約450箇所へと拡大する。ドコモ・バイクシェアの各区のポート数合計は以下。単独区でポート数が最も多いのは港区。

ドコモ・バイクシェア:各区のポート数

ポート数
千代田区 67
中央区 44
港区 86
新宿区 47
文京区 42
江東区 74
渋谷区 26
品川区 24
大田区 42
合計 452

※2018年3月31日時点のポート数。開設予定ポートを含む。

参考までに、台北市の自転車シェアリングサービス「YouBike」(公式サイト)における台北市内のポート数は約400箇所のため、大田区・品川区を加えた都内9区合計の自転車シェアリングサービスの方がポート数が多い。
※ただし「YouBike」は新北市に460箇所のポートがあるため「台北および近隣エリア」という捉え方では、YouBikeの方がポート数は多い。

■台北市内のシェアバイク「YouBike」
台北市内のシェアバイク「YouBike」

また、台北市の面積は約271㎢、ドコモ・バイクシェアの広域利用が可能な9区の面積合計は約210㎢のため、面積あたりのポート密度も台北市における「YouBike」よりも、ドコモ・バイクシェアの方が密度が高い計算になる。
(数字上のポート数や密度だけで利便性を比較することはできないけど、規模感の参考まで。)

コメント

  1. Minato より:

    杉並在住者としてはドコモバイクシェア王国との間に中野区が挟まってるのが割と問題で、将来杉並区がシェアサイクルを導入したときに不便にならないかを今から心配してます。

    会社が違っても共通の料金、仕組み、ポートで相互利用できるとよいのですが…
    このあたり23区の独立性が悪い方向に出ていると感じます。