札幌市中心部のシェアサイクル「ポロクル」、2018年シーズンの営業を開始

スポンサーリンク

札幌市中心部で提供されているシェアバイク「ポロクル」が2018年シーズンの営業を4月23日(月)より開始する。

■札幌市中心部で提供されているシェアバイク「ポロクル」
札幌市中心部で提供されているシェアバイク「ポロクル」

2018年シーズンの営業開始前日である4月22日(日)には、自転車の配備・清掃など、営業開始に向けた準備が行われていた。

■サービス開始前の準備
サービス開始前の準備

ポロクルは、札幌市内中心部を含む40箇所に設置されたポートで自由に自転車をレンタル・返却できるシェア自転車。レンタル料金は1日パスが1,200円、1回プランでは60分毎に108円など。

ポロクルのWebサイトは以下にて。
ポロクル

Mobikeの2018年シーズンは?

ポロクルと同じく、札幌市内にてサービスを提供するシェアバイク「Mobike」(モバイク)は、現時点で札幌における2018年シーズンのサービス提供を案内していない。

Mobikeは、日本国内にて福岡市・奈良市にてサービスを提供中。札幌市でのサービスについては2017年冬から一時停止(雪のため)となっているものの、2018年シーズンの営業に関してはアナウンスが無い。

モバイクのレンタル方法・返却方法などについては以下エントリにて。
「Mobike」(モバイク)乗車レポート、レンタル・返却方法や「乗り捨て」に関する注意など