【香港エクスプレス】Webチェックイン後にインタウンチェックインして搭乗ok

スポンサーリンク

香港のLCC「香港エクスプレス」のフライトを搭乗時に、Webチェックインを行った後にインタウン・チェックインを行ってみた。Webチェックインを済ませた後でも、インタウン・チェックインを問題無く利用できた。

■Webチェックイン後にインタウン・チェックインを利用
九龍駅でチェックインができる

香港のインタウン・チェックインは、空港カウンター以外に設置された街中の空港カウンターでチェックイン手続を行えるサービスで、エアポート・エクスプレス(機場快線)の香港駅・九龍駅にてチェックイン手続が行える。

インタウン・チェックインは、香港MTRと各航空会社が連携の上提供されているため、同サービスを利用するための条件として、エアポート・エクスプレス(機場快線)の料金支払が必要となる。香港駅と九龍駅には、チェックインカウンターの手前に改札がある。

■チェックインカウンターの手前にMTR改札がある(九龍駅)
チェックインカウンターの手前にMTR改札がある(九龍駅)

香港エクスプレスのインタウン・チェックイン詳細については以下エントリにて。
香港市内でチェックインできる香港エクスプレスの『インタウン・チェックイン』サービスを試してみた

香港エクスプレスは、スマートフォン向けアプリやPCサイトからチェックイン手続が行える「Webチェックイン」にも対応しており、Webチェックインまたはインタウン・チェックインを済ませておけば、空港カウンターでチェックイン手続をおこなう必要が無くなる。

香港エクスプレスは、香港空港の第2ターミナルにチェックインカウンターがあり、第2ターミナルでチェックイン手続を行った後に、第1ターミナルを経由して各搭乗口まで移動すると時間のロスが大きいので、Webチェックインまたはインタウン・チェックインを済ませておけば直接第1ターミナルに行けるのは助かるところ。

インタウン・チェックインの活用方法として、香港エクスプレスの深夜便に搭乗する際に、現地ホテルをチェックアウト後にそのままインタウン・チェックインを行い、受託手荷物を預け入れすれば、滞在最終日を手ぶらで香港観光に使えるようになる。(今回、インタウン・チェックインを試してみたのもこのパターン)

なお、香港駅・九龍駅でインタウン・チェックインにはANA、キャセイパシフィック航空、JAL、香港エクスプレスなど、約70の航空会社が対応している。

MTR > In-Town Check-In Counters Information

香港エクスプレスのWebサイトによると、インタウンチェックインが利用できる時間帯は搭乗日前日から搭乗90分前まで。空港カウンターでのチェックイン締切(出発時刻1時間前まで)に間に合わない場合の「奥の手」としても使えるかも。

チェックイン | HK Express

市内チェックイン
香港市内から香港国際空港行きのエアポートエクスプレスを利用される場合、香港駅または九龍駅(*注)でチェックインが可能です。ご利用いただける時間帯は、出発の1日前から出発時刻の90分前までとなります。