モバイルバッテリーにも使えるSIMフリーWi-Fiルーター「Batter Wi-Fi」が5,000円以下に

スポンサーリンク

スマートフォンなどへの充電にも使えるモバイルWi-Fiルーター「Battery Wi-Fi」の実売価格がAmazonで5,000円以下に値下がり。

「Battery Wi-Fi」は、SIMフリー仕様のため、好きな通信事業者のSIMカードを挿して国内外でデータ通信に利用できる。

Amazonでの「Battery Wi-Fi」の販売ページは以下にて。

「Batter Wi-Fi」は実売価格が割安ながら、中国大陸などで使われるTD-LTEもサポートしているため、中国で使えるSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターとしては割安かつ、使い勝手が良い。

中国大陸では、現地回線(ホテルや公衆Wi-Fi)からGoogle/Facebook/Twitterなどの各種サービスを利用することができず、これを回避するための方法として、ローミング対応のプリペイドSIMカードを購入して使う方法がある。

ローミング対応のプリペイドSIMカードについても、Amazonで2,000円以下で販売されており、手軽に入手できるので、中国への渡航時に使うことを考えている方はセットで購入しておくのもアリ。

■Battery Wi-Fi MF855 製品スペック
バッテリー容量:7,800mAh
連続通信時間:約18.5時間
本体充電時間:ACアダプタ(1.8A) 約5.5時間、ACアダプタ(1.0A) 約9.5時間
通信速度(LTE):下り最大 150Mbps / 上り最大 50Mbps (LTE Cat.4)
通信速度(3G):下り最大 21Mbps / 上り最大 5.8Mbps
対応周波数(FDD-LTE):B1,B3,B7
対応周波数(TDD-LTE):B39,B40,B41
対応周波数(UMTS):Ⅰ,Ⅱ,Ⅴ,Ⅷ
対応周波数(TD-SCDMA):B34,B39
対応周波数(GSM):850/900/1800/1900MHz
その他:SIMフリー

「Batter Wi-Fi MF855」は新型となるモデルが海外の小米之家などで販売されているものの、国内販売は未定。

■Batter Wi-Fi新型モデル
Batter Wi-Fi新型モデル
【ZMI 4G隨身路由器(10000mAh)】 智能裝置 商品詳情 – 小米香港官網

「Batter Wi-Fi」の海外利用に関するエントリは以下にて。

Battery Wi-Fiの「APN自動設定」は海外SIMで動作するのか試す – 一部自動設定されないキャリアも、過信は禁物