NichePhone-Sが6,400円のセールが継続、後継モデル発売まで続きそう

スポンサーリンク

音声通話+テザリングに対応する薄型・薄型ケータイ「NichePhone-S」が10,700円→6,400円台になるセールが継続中。

ヨドバシカメラなどの家電量販店のほか、AmazonなどのECサイトでも6,400円で販売されている。

■「NichePhone-S」が値下がり
「NichePhone-S」が値下がり、期間限定
※当初は7月16日までとされていた。

Amazon.co.jpでの販売ページは以下にて。

「NichePhone-S」は、4G LTEに対応する後継モデルの発売が2018年秋に予定されており、同機種の発売までの間、旧モデル(初代モデル)がセールになる可能性がある。

4G LTEに対応する「NichePhone-S」は、ITmediaの記事で紹介されている。

カードサイズの超小型ケータイ「NichePhone-S」にLTEモデル 2018年秋発売へ – ITmedia Mobile

フューチャーモデルは2018年秋、SIMロックフリー携帯電話「NichePhone-S 4G(ニッチフォンエス フォージー)」を発売する。2017年11月から一般販売されている「NichePhone-S」の後継モデルで、新たにLTE(4G)通信に対応。より高速なテザリングを実現した。販売価格は未定となっている。

「NichePhone-S」に近いコンセプトの機種として、ソフトバンクのプリペイドサービス「シンプルスタイル」対応機種として、Simplyが本体価格6,500円で発売されており、SIMロックを解除するとドコモ・ソフトバンク(ワイモバイル)のVoLTEが利用できるのでこちらもご紹介まで。

プリペイドで6,500円のケータイ「Simply」をSIMロック解除、ソフトバンク・ドコモのVoLTEが利用可能