ドコモ、JOJOスマホ「L-02K」を約4.3万円値下げ、機種変更でも8.3万円に

スポンサーリンク

ドコモは、2018年8月3日よりジョジョスマホ「JOJO L-02K」を「端末購入サポート」対象機種に追加。

本体価格が一括12.5万円のところ、端末購入サポートによって約4.3万円が割引され、本体価格(一括)が約8.3万円に値下げされる。契約種別は機種変更(Xi→Xi)、契約変更(FOMA→Xi)新規契約、MNP契約が対象。

ドコモオンラインショップのお知らせは以下にて。

端末購入サポート – ドコモオンラインショップ

2018年8月3日(金曜)より、下記対象機種を追加!

■機種変更(Xi→Xi、FOMA→Xi)、新規(追加)契約、他社からのりかえ(MNP)
JOJO L-02K

「docomo with」に機種変更すると、月額1,620円割引

JOJO L-02Kは、ドコモのスマートフォン購入時の基礎的な割引と言える「月々サポート」が適用されず、本体価格がそのまま実質価格となる、かなり強気な価格設定となっていたものの、発売から半年を経たずに機種変更でも端末購入サポートの対象機種となった。

端末購入サポート対象機種となることで、購入時に本体価格が約4.3万円割引されるものの、割引後価格が一括約8.3万円となるのは、割安とは言えない。

これを更に割安にするための方法として、やや手間はかかるものの「端末購入サポートの解除料を支払う前提で、docomo with対応機種に機種変更する」という方法が考えられる。

JOJO L-02Kに機種変更した直後にdocomo with対象機種に機種変更する場合の端末代金、端末購入サポートの違約金、月額料金の割引以下。

■JOJO L-02K
本体価格 ¥125,712
端末購入サポート -¥42,768
端サポ違約金 ¥21,384

■AQUOS sense SH-01K
本体価格 ¥30,456
docomo with -¥1,620/月
※各種価格、料金は税込。

JOJO L-02Kの購入後にdocomo with対象機種に機種変更する場合、追加で必要となる費用は、JOJO L-02Kの端末購入サポート解除料(割引額の半額)と、docomo with対象機種の購入費用。機種変更に伴う変更手数料(2,160円)は、ドコモオンラインショップなら無料となるため考慮しない。

今回のシミュレーションでは、ドコモオンラインショップでの本体価格が最も割安な「AQUOS sense SH-01K」を購入する場合を想定して計算している。

同機種の本体価格は約3万円、docomo with割引が1,620円/月のため、同機種の購入によって適用される「docomo with」の割引総額が本体代金を超えるのは19ヶ月目以降。(docomo withの割引は永年継続される。)

端末購入サポートによる割引が適用された「JOJO L-02K」をすぐに機種変更する異に伴う、端末購入サポートの違約金は21,384円。「docomo with」の割引は毎月1,620円のため、端末購入サポートの違約金をdocomo withの割引額が上回るタイミングは14カ月目以降。

両者を合わせると、端末購入サポート違約金とAQUOS sense SH-01Kの本体代金をdocomo withの割引額が上回るのは33ヶ月目以降となり、あまり効率的な選択肢とは言い難いのが悩ましいところ。
→docomo withの本体代金が割安になるキャンペーンなどなどがあれば検討する価値があるかも…。

いずれにせよ、月々サポートや端末購入サポートなどの割引が一切適用されなかった「JOJO L-02K」が、端末購入サポートによる割引が適用されることで購入しやすくなった。という方には嬉しいキャンペーンと言える。

ドコモオンラインショップでの「JOJO L-02K」の販売ページは以下にて。
JOJO L-02K