【ドコモ】ケータイ補償サービス加入者の修理代金を5,000円→3,000円に値下げ、4年目以降もサポート対象に

スポンサーリンク

ドコモは、「ケータイ補償サービス」加入者が端末を修理する際の修理代金を5,000円→3,000円に値下げするほか、端末購入から4年目以降も補償の対象とする。このほか、ケータイ補償サービス for iPhone & iPadのデータ復旧代金は8,000円→1,000円に大幅値下げされる。ケータイ補償サービスの拡充は2018年10月1日より。

ドコモの補償サービスに関するお知らせは以下にて。

報道発表資料 : (お知らせ)故障修理に関わるサービスを拡充 | お知らせ | NTTドコモ

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、「ケータイ補償サービス」の修理代金のサポートについて、修理代金の上限額を3,000円へ値下げし、サポート適用期間を当該機種の修理受付終了まで延長するなど、2018年10月1日(月曜)より故障修理に関わるサービスを拡充します。

■ケータイ補償サービスの拡充
ケータイ補償サービスの拡充

ドコモの「ケータイ補償サービス」は、携帯電話・スマートフォンを紛失・故障した場合に交換用電話機を1年間に2回まで、一律8,000円以下で交換できるほか、補償代金が割引される。

なお、ドコモのクレジットカード「dカード GOLD」の補償サービス「dカード GOLDケータイ補償」では、携帯電話が故障・紛失した場合の買い換え費用を最大10万円まで補償されるので、「ケータイ補償サービス」代わりに使うこともできる。(サービス内容は異なる)

dカード/dカード GOLDの申込は以下より。