【mineo】Apple認定整備品の海外モデルiPhone SE発売、16GBで税別30,600円

スポンサーリンク

ケイ・オプティコム(2019年4月よりオプテージに社名変更予定)は、MVNOサービス「mineo」の事業説明会にて、iPhoneの新モデルとして「iPhone SE」を2019年2月21日(木)に発売することを発表。本体価格は税別30,600円。

■mineoが「iPhone SE」を発売
mineoが「iPhone SE」を発売

mineoの発売する「iPhone SE」は、海外(カナダ)で発売されたiPhone SEのメーカー認定整備品で、容量は16GB、カラーバリエーションはローズピンクのみで、販売台数は数百台程度。端末調達ができれば、今後も追加販売の可能性あり。

事業説明会の中で明かされた端末販売の推移では、iPhone 8の発売以降、端末販売におけるiPhoneのシェアは約4割を超えるという。

■端末販売推移(mineo)
端末販売推移(mineo)
端末販売推移(mineo)

mineoのWebサイト&キャンペーン紹介は以下より。