さようならシェアパック50、こんにちはギガホ。新年はギガホ生活に

スポンサーリンク

ドコモは、2020年1月1日から「ギガホ」で使える高速データ通信量を月間30GB→60GBへと倍増する「ギガホ増量キャンペーン」をスタート。

ドコモが多くの「ギガホ」向けキャンペーンを提供するので、ギガホの誘惑に負け昨年12月にモバイルWi-Fiルーターで「ギガホ」を新規契約したところなので、ありがたいタイミング。
関連エントリ:ドコモのモバイルWi-Fiルーターを「ギガホ」でオンライン契約してみた

■「ギガホ」を契約したモバイルWi-Fiルーター「HW-01L」
モバイルWi-Fiルーター「HW-01L」をギガホで契約

「ギガホ」で使える通信量が60GBに増えたので、離れて暮らす家族も含めて登録しているシェアパック50(月間50GB)をベーシックシェアパック(〜30GB)に変更。

シェアパックでの通信量を極力少なくする代わりに、旅行・出張中の固定回線として使うなど通信量の大きい用途には「ギガホ」の回線を使ってみる。

■シェアパックが適用可能な範囲(ファミリー割引と同一)
シェアパックが適用可能な範囲(ファミリー割引と同一)
引用元:ファミリー割引 : ファミリー割引とは | 料金・割引 | NTTドコモ

シェアパック50→ベーシックシェアパックへの変更&シェアグループのデータ通信量節約は、2019年のはじめ(1月〜2月)にも実施した経験がある。当時は、

・テザリング用の回線としてシェアパックを使わない
・メイン端末(当時はGalaxy Note9)のデータ通信量の多いアプリの設定みなおし

などなどで、シェアパックで使うメイン回線の通信量を月間4GB以内に抑えることができた。

そんなわけで、2020年からは通信量の多い用途には「ギガホ」を使ってみることに。これが2020年(になって初めて書いた)Blogエントリです。本年もよろしくお願い致します。

これからは、シンプル2択。ギガホ、ギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ