Mac向けTwitterクライアント「夜フクロウ」、旧バージョンの利用停止・継続利用にはアップデートを

スポンサーリンク

Mac OS X向けのTwitterクライアント「夜フクロウ」は、Twitterのサービス利用に必要となるコンシューマーキーの再生成を行う影響で、「YoruFukurou 2.91」を含む従来のバージョンが2020年1月14日(火)00:00より利用停止している。

開発者による告知ツイートは以下にて。

コンシューマーキー再生成による機能停止は、既に夜フクロウをダウンロードしているユーザーも対象。機能停止の対象となるバージョンを使っていると、TLなどの取得が行えず、Twitterのログイン画面が表示されるのみ。

夜フクロウを継続利用するには、コンシューマーキーを再生成した「YoruFukurou 2.92」のダウンロードが必要となる。

同バージョンは、以下サイトで公開されているほか、公式のアプリ配信サイト「App Store」でも近日配信される見込み。配信中。なお、夜フクロウが対応するMac OSのバージョンはmacOS Mojave(10.14)以降。

夜フクロウのダウンロードは以下にて。
YoruFukurou

App Storeからのダウンロードは以下にて。
夜フクロウ(App Store)

取り急ぎ、上記サイトで配信されている「YoruFukurou 2.92」に更新してみたところ、App Storeからインストールした「夜フクロウ」の設定などなどを引き継いでおり、従来と同様に使えるようになったのでお困りの方はご参考まで。

コメント

  1. 匿名 より:

    10.13ではもうwebブラウザで見るしかないという…