Android・ケータイ向け「モバイルSuica」年会費が無料に、ケータイ向けサービスは年内終了

スポンサーリンク

JR東日本は、Androidおよびケータイ向けの「モバイルSuica」の年会費を2020年2月26日(水)より無料化する。

モバイルSuicaの年会費は通常1,030円(税込)で、ビューカードを登録する場合は無料に。AppleのiPhone向けのSuicaサービスについてはスタート時点から年会費が無料だった。

なお、2020年2月25日までに年会費を支払いしている場合、既に支払い済みの年会費については返金されない。

JR東日本のプレスリリースは以下にて。

JR東日本:モバイルSuica>モバイルSuica一部サービスの変更および終了について

現在、ケータイ(フィーチャーフォン)およびAndroid™スマートフォンでビューカード以外のクレジットカードを登録してモバイルSuicaをご利用の場合に、年会費をいただいておりますが、サービス向上を目的に、2020年2月26日以降クレジットカードによらず無料といたします。なお、2020年2月25日までにお支払いいただいた年会費の返金はございません。

このほか、ケータイ向けのモバイルSuicaサービスは2020年2月25日に一部機種向けのサービス提供が終了、12月22日をもって全機種でサービス提供が終了する。サービス終了タイミングは機種によって異なる。

■モバイルSuica:ケータイ向けのサービスを終了
モバイルSuica:ケータイ向けのサービスを終了
サービス終了機種一覧(PDF)

モバイルSuicaへのログインを伴わないサービス(残高を利用した買い物や鉄道利用)については、モバイルSuicaサービスの終了後も物理カードのSuicaと同様に利用できる。