新宿御苑が臨時の無料開放「チケット購入行列での感染を予防」が目的

スポンサーリンク

新宿御苑は、3月20日(金)、3月21日(土)、3月22日(日)に無料開放を行っている。新宿御苑の入園料は一般500円で、通常の無料開園日は「みどりの日」や、「子どもの日」などに限られる。

今回の無料開放は、混雑時期に「チケット購入行列での新型コロナウイルス感染を予防する」目的で、事前に予定されていたものでは無く、公式Webサイト等でも告知も行われていない。

新宿御苑は、桜の開花シーズンにあわせて入場者が増加する上、アルコール類の持ち物検査をするために入園までに行列に並ぶことがあり、無料開放は主にチケット購入の行列を回避するため。とのこと。

新宿御苑(新宿門)

なお、新宿御苑の繁忙期の来園者数予想によると、3月20日(金)以上の来園者数が見込まれるのは、3月20日(金)〜3月29日(日)の土日祝日。これらの混雑予想日には無料開放が行われる可能性がある。

■新宿御苑 混雑予想(2020年 桜繁忙期)
新宿御苑 混雑予想(2020年 桜繁忙期)

新宿御苑では、従来よりアルコール類の持込が禁止されているほか、新型コロナウイルスの感染拡大を避ける目的で、レジャーシートの使用が禁止、また混雑時には入園を断る可能性がある。としている。なお、3月14日(土)からは温室やインフォメーションセンターなどの一部施設を閉鎖して営業している。

■新型コロナウイルス感染症への対策
新宿御苑:新型コロナウイルス感染症への対策

新宿御苑のWebサイトは以下にて。
新宿御苑 | 一般財団法人国民公園協会