【DiDi】アプリ利用料は東京・大阪で1回260円、乗車毎に料金発生

スポンサーリンク

ディディモビリティジャパンは、2020年7月13日(月)よりDiDiアプリを通じたタクシー配車に「アプリ利用料」を設定する。料金は地域によって異なり、東京や大阪では配車1回あたり260円の料金が追加で発生する。

東京エリアを例に紹介すると、タクシーのメーター料金に加えて、迎車料金(300円〜400円前後)およびアプリ利用料(260円)が発生するため、DiDiを通じたタクシー配車は流しのタクシーに乗車するよりも約600円前後、割高となる。

■DiDi「アプリ利用料」は東京・大阪で1回260円

DiDiのアプリ利用料は2020年7月13日(月)以降に、アプリを使ってタクシーを配車する際に発生する。料金は地域によって異なるほか、迎車料金とは別に発生するため、地域によっては迎車料金とアプリ利用料が両方とも発生するため、アプリを使ったタクシー配車は従来と比べて割高になる点に注意。

DiDiアプリのダウンロードは以下にて。
DiDi – AIによるタクシー配車(Google Play)

「DiDi – AIによるタクシー配車」をApp Storeで