モバイルWi-Fiルーター「FS040W」と「E5785」スペック・販売価格比較

スポンサーリンク

2020年7月に発売されたモバイルWi-Fiルーター、富士ソフト「FS040W」とHUAWEIの「Mobile WiFi E5785」の仕様および販売価格を比較。

「FS040W」と「E5785」の価格比較

項目 FS040W
FS040W
E5785
メーカー 富士ソフト HUAWEI
実売価格 19,800円 10,800円
通信速度(下り最大) 300Mbps 300Mbps
通信速度(上り最大) 50Mbps 50Mbps
4G LTE ■FDD-LTE
B1/B3/B8/B11/
B18/B19/B21/B26

■TD-LTE
B41

■FDD-LTE
B1/B3/B5/B7/B8/
B18/B19/B20/B28/B32

■TD-LTE
B38/B41/B42

3G B1/B6/B19 B1/B2/B5/B8
GSM 非対応 B2/B3/B5/B8
国際ローミング 非対応 対応
SIMカード nanoSIM microSIM
インターフェイス Type-C microUSB 2.0
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2×2)
同時接続台数 最大15台
クレードル連携時32台
最大16台
バッテリー容量 3,060mAh 3,000mAh
連続通信時間 最大1,200分 約720分
連続待受時間 不明 約700時間
バッテリーレス駆動 対応 非対応
クレードル連携 対応 非対応
大きさ 76×76×19.6(mm) 108×62×17.3(mm)
重さ 142g 127g

FS040WとE5785は、共にSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターながらも、FS040Wがスペック上国際ローミングに非対応となるなど、国内利用に特化した仕様になっている。
※本当は国際ローミングで使えるけれど保証対象外…ということかも。

「FS040W」販売ページは以下にて。

富士ソフト +F FS040W

富士ソフト +F FS040W

18,800円(10/27 06:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

FS040Wは、クレードル(ホームキット)と連携すると、Wi-Fi側の電波強度改善や通信速度の改善などの効果が得られる。クレードルは別売りで、実売価格は約13,000円。

また、バッテリーを取り外ししての駆動も可能なため、長時間の連続利用時にはバッテリーを取り外して使用すると、バッテリーへの負荷を抑えられる。

クレードル(ホームキット)販売ページは以下にて。

富士ソフト +F FS040W 専用ホームキット

富士ソフト +F FS040W 専用ホームキット

10,760円(10/27 06:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

HUAWEIのE5785は、クレードル連携などの特長はなく、対応する機能はシンプルながらも、実売価格は10,000円以下になるなど、購入し易い価格帯に抑えられている。

注意点としては、対応するSIMカードがmicroSIMのため、nanoSIMを搭載する端末とSIMカードを使い回しする際は注意。(不可能ではないけれど、やや工夫が必要。)

■nanoSIMも「いちおう」使える(E5785)
nanoSIMも「いちおう」使える(E5785)

E5785の販売ページは以下にて。