日本通信、ahamo対抗で1,980円の「合理的20GBプラン(今は16GB)」を提供開始

スポンサーリンク

日本通信は、ドコモの新料金プラン「ahamo」に対抗する「合理的20GBプラン(今は16GB)」を、2020年12月10日12時より提供開始した。

同プランは、ドコモが新料金プラン「ahamo」を発表した翌日に発表された対抗プランで、月額料金は1,980円。発表時点の仮称は「SSDプラン(管総理大臣プラン)」とされていた。

基本料金に含まれるデータ通信量は16GBで超過後は1GBあたり250円。ahamoの提供開始日にあわせて20GBに増量する。音声通話は月間70分まで定額、70分を超える通話は30秒あたり10円。

日本通信SIM「合理的20GBプラン(今は16GB)」概要

■提供開始日
2020年12月10日

■月額料金
1,980円

■プラン名
合理的20GBプラン(今は16GB)

データ通信量
16GBまで高速
※ドコモのahamo開始日に20GBへ増量
※16GB超過後は1GBあたり250円。

■音声通話
月間70分まで定額
※70分超過後は30秒あたり10円

■ネットワーク
ドコモの4G / 3Gネットワーク
※通信品質はMNOのドコモサービスとは異なる

日本通信の「合理的20GBプラン(今は16GB)」は以下にて。
合理的20GBプラン|日本通信SIM