練馬区、シェアサイクルの事業者を新規募集、区内全域と区外への相互乗り入れを図る

スポンサーリンク

東京都練馬区は、2017年9月よりドコモ・バイクシェアが運営する「練馬区シェアサイクル」を社会実験として一部地域で実施している。

2022年4月から、区内全域および他自治体との相互乗り入れを図る、新たなシェアサイクル事業者を募集している。

東京都練馬区のWebサイトでの事業者募集(事業者向け)は以下にて。

新たな練馬区シェアサイクル社会実験に参加する事業者を募集します:練馬区公式ホームページ

練馬区では平成29年度からシェアサイクルの社会実験を一部地域で実施しています。

これまでの社会実験から、会員登録数が年々増加していること、交通手段の選択肢の一つとして活用がなされていること、未実施区域・区を越えた利用での需要が高いことがわかりました。

これらを踏まえ、令和4年4月から、シェアサイクルの区内全域での実施と他自治体との相互乗入れを図る、新たな社会実験に参加するシェアサイクル事業者を募集します。

練馬区シェアサイク次期社会実験参加事業の募集概要

■目的
・シェアサイクルでの移動の発生量・傾向を分析し、公共交通の補完機能などについて検証する
・シェアサイクルの走行軌跡などデータを分析し、交通安全対策などに活用する

■実施期間
2022年4月 – 2029年3月まで(5年間)

■実施区域
練馬区内全域

■事業者の役割
・次期社会実験開始日から2029年3月31日までの間、練馬区内全域で実施すること、あわせて他自治体との相互乗り入れを行うこと
・走行軌跡などのデータを区へ無償で提供すること

■区の役割
・事業者からの要望を踏まえて、可能な範囲で公共用地を無償で貸与
・ねりま区報や区公式ホームページなどでシェアサイクル事業を周知

■スケジュール
結果通知:2021年12月下旬(予定)
協定締結:2022年1月中旬(予定)
事業開始:2022年4月上旬(予定)