【povo2.0】2回線目以降も月額料金は0円から、契約時の事務手数料は3,300円→当面は無料

スポンサーリンク

2021.11.15 14:30 追記

同一名義での2回線目以降の事務手数料について、提供条件書には「3,300円が発生する」と記載されているものの、現時点では請求されていないとの情報をいただいたため、タイトルおよび本文か所を修正しましたm(_ _)m


KDDIの「povo2.0」を同一名義で複数回線した場合の月額料金および手数料について。

povo2.0で発生する月額料金や事務手数料は、「ベースプラン」の提供条件書(PDF)に記載がある。

「ベースプラン」提供条件書

「povo2.0」は、月額料金が0円のベースプランに、必要に応じてデータトッピングなどを購入して使うサービス。ベースプランについては、特別な条件なしに月額料金が0円となるため、同一名義で複数回線を契約する場合も、月額料金は0円から利用できる。

■povo2.0「ベースプラン」は複数回線契約しても月額0円から
povo2.0「ベースプラン」は複数回線契約しても月額0円から

一方で、契約時の事務手数料については「同一名義で2回線目以降は3,300円」が発生する。

■povo2.0:事務手数料に関する記載
povo2.0:新規契約時の事務手数料は2回線目以降の新規契約で有料

ただし、実際に2回線目以降を契約した方からの報告によると、2回線目以降も「当面の間は無料」とされており、実際に事務手数料は(今のところ)請求されていないとのこと。povo2.0のWebサイトのQ&Aにも、同一名義での複数回線の申込みは”所定の手数料をいただく場合がある”とされており、少なくとも現時点では同一名義で2回線目以降の契約に伴う手数料は請求されなさそう。

契約の際の手数料はいくらですか? – povoサポート

契約事務手数料は発生しません。ただし、同一名義で複数回線のお申し込みについては所定の手数料をいただく場合があります。

なお、上記の提供条件書(PDF)を読む限り、au/UQ mobile/povo1.0からの変更の場合は、同一名義で2回線目以降となる場合でも手数料が免除されるようにも理解できる。

povo2.0のWebサイトは以下にて。
基本料ゼロから始めるオールトッピングプラン|【公式】povo2.0