【Xperia】国内キャリア版もnanoSIM/eSIMのデュアルSIMに対応、一部モデルを除く

スポンサーリンク

ドコモ、KDDI(au/UQ)、ソフトバンクは、Xperia 1 Ⅳ、Xperia 10 Ⅳ、Xperia Ace Ⅲをそれぞれ発売する。

これらのXperiaスマートフォンは、一部のモデルを除いてnanoSIM/eSIMのデュアルSIMに対応する。

■キャリアモデルのデュアルSIM対応状況

デュアルSIM(nanoSIM/eSIM)への対応状況
機種名 ドコモ au ソフトバンク
Xperia 1 Ⅳ
Xperia 10 Ⅳ ×
Xperia Ace Ⅲ ×

3キャリアが発売するXperiaスマートフォンのうち、eSIMに対応しないのはドコモの「Xperia 10 Ⅳ SO-52C」と「Xperia Ace Ⅲ SO-53C」のみ。

ドコモが発売する「Xperia 1 Ⅳ SO-51C」や、その他キャリアから発売されるXperiaスマートフォンは全て、eSIM/nanoSIMのデュアルSIMに対応する。

2021年10月以降に国内発売されるスマートフォンは、SIMロックが原則として禁止されており、これらのXperiaスマートフォンについてもSIMロックがかけられていない状態で販売される。

このため、普段使いする通信事業者のSIMカードに加えて、障害時や電波が悪い場所での利用に備えて、eSIM側にサブの通信事業者のサービスを契約するのもあり。

オンライン専用料金プランのpovo2.0やLINEMOであれば、高速データ通信量3GBで月額料金が1,000円以下、UQ mobile / Y!mobileでも通常3GB/月(1年間は5GB/月に増量)が月額2,000円以下で使える。