シェアサイクル「Charichari」、福岡エリアの利用数が1,000万回を突破

スポンサーリンク

neuetは、シェアサイクル「Charichari」の福岡市内での利用回数が累計1,000万回を突破したことを発表。

Charichariのお知らせは以下にて。
福岡エリアでのライド数 1000 万回を突破しました!! | チャリチャリ

■新たに発表したこと
・福岡市内でのCharichari利用回数が累計1,000万回突破
・電動アシスト付き自転車を350台追加(2022年中)
・ベーシックタイプの自転車を200台追加(2022年中)
・福岡市内のポート数は530カ所以上
・neuetの本店を福岡に移転(予定)

福岡市での「Charichari」は、2018年6月に「福岡市スマートシェアサイクル実証実験」でスタートしてから4年1カ月で1,000万回を突破した。neuetのリリースによると、政令指定都市で展開しているシェアサイクルの中では最も早い達成という。

また、neuetは2022年10月に福岡市へ本店を移転する。

■「Charichari」福岡市での実績
「Charichari」福岡市での実績

neuetによると、福岡市では530カ所以上にポートを設置、自転車台数は2,500台を投入している。

2021年10月に約300台を投入した電動アシスト付き自転車は、提供開始以来9カ月で合計40万件以上の利用があり、利用ニーズが高いことがわかったとして、2022年中に福岡エリアに350台を追加投入する。また、通常タイプの自転車も2022年中に200台追加する。

■電動アシスト搭載の「チャリチャリ」(手前)
電動アシスト搭載の「チャリチャリ」(手前)

neuetは、福岡のほか東京、名古屋、熊本でシェアサイクルを提供している。

チャリチャリのWebサイトは以下にて。
チャリチャリ