名古屋市でシェアサイクル「Charichari」がスタート、レンタル料金は1分4円

スポンサーリンク

neuetは、シェアサイクルサービス「Charichari」(チャリチャリ)を名古屋市で提供開始。

同サービスは「メルチャリ」として福岡市内などで提供後、サービス名称を「Charichari」に変更して名古屋市に進出している。(2020年7月現在は福岡市でも”Charichari”という名称で提供中。)

「Charichari」で導入される自転車は、電動アシストなどのアシスト機能は非搭載で、レンタル料金は1分あたり4円。

名古屋市でのサービス開始に関するツイートは以下。

なお、福岡市内での利用実績(6月分)は、過去最高の20万回以上を達成しているとのこと。

「Charichari(チャリチャリ)」のダウンロードは以下にて。

チャリチャリ – シェアサイクル – Google Play のアプリ

「チャリチャリ – シェアサイクル」をApp Storeで

なお、名古屋市では既に「カリテコバイク」や「でらチャリ」などのシェアサイクルがサービスを提供中。

名古屋都心部で電動アシスト付シェアサイクル「カリテコバイク」スタート、料金は30分150円・夜間最大500円
名鉄協商は、名古屋市都心部にてシェアサイクル「カリテコバイク」を2019年5月22日(水)より提供する。利用料金は30分150円(税別)、以降30分ごとに100円で、最大料金は日中(8-20時)1,200円、夜間(20-翌8時)500円。支払方法はクレジットカード。 「カリテコ...