iPhone/iPadのSafariが特定のキーワード入力で強制終了する不具合、Safariの検索候補をオフで回避可能

スポンサーリンク

iPhoneやiPad向けのSafariのアドレスバーに、「がす」、「がさ」など特定のワードを入力すると、Safariが強制終了する不具合が発生している。

2022年11月15日(火)03:00時点で、Safariが強制終了する原因は不明ながら、デバイスの設定で「Safariの検索候補」を無効にすると発生しなくなり、それ以降は「がす」、「がさ」など、Safariが強制終了するキーワードを入力しても強制終了が回避でき、再度検索候補オプションを有効に戻しても強制終了しなくなる。上記のキーワードに限らず、同様の事例でお困りの方はお試しを。

■設定>Safari>「Safariの検索候補」を無効で発生しなくなる
設定>Safari>「Safariの検索候補」を無効で発生しなくなる

ケータイ関連では、シャープ製の携帯電話に特定の言葉を入力して変換すると、端末がフリーズしたり強制的に再起動したりするトラブルが過去に発生した。(2006年頃)

ドコモやボーダフォンのシャープ製端末に不具合

NTTドコモとボーダフォンのシャープ製端末に、特定の言葉を入力・変換すると、端末がフリーズし、入力を受け付けなくなる事象が見つかり、ネット上で話題となっている。ドコモとボーダフォン、並びにシャープでは、現在確認作業を急いでいる。