UQ WiMAX:高速通信と、エリア面の課題

スポンサーリンク

先月末にUQ 1 Dayを使う機会があったので感じたことをメモ。

■速度面
自宅からアップした、250MBぐらいのファイルをUQ WiMAXでダウンロードしたけれど、だいたい30~40分ぐらいでダウンロードが完了した。

スピードテストはしていないけれど、速度的にも安定していたし、ストレスを感じることはない。

■エリア面
快適な速度とは対象的に課題に感じたのがエリア面。
同じビル内でも、地上階ではつながるものの、空が見えない地下に移動すると圏外になってしまうことが多く、実際にビル地下の飲食店では圏外になってしまった。

と言うわけでやはり一番の課題はエリア面だなぁ。という事を再認識した。

けど、今回のようにあらかじめ大容量のデータをやり取りすることが解っている場合や、エリア面での問題無いことがあらかじめ解っている場合、UQ 1 Dayがかなり便利に使える(^^)

普段はHSDPAの低速格安プランで、大容量の通信を使うときはUQ WiMAXで。というような使い分けはありかもなー。
そもそもHSDPAの低速プラン。みたいなものが無いけれど(^_^;)

※初稿時、誤解を招くタイトルだったので、タイトルを修正しました。