8月の携帯電話契約者数発表。spモードは約76万件増

スポンサーリンク

2011年8月の携帯電話契約者数が発表されている。

8月の携帯・PHS契約数、ソフトバンクが純増首位を堅持 – ケータイ Watch

気になった数字を幾つかメモ。

Xi契約者数が90,500件純増して、累計296,200契約に大幅増加している。
UQコミュニケーションズは8月に60,200件純増して累計1,160,900契約となっているけれど、単月の純増数で言うと、7月〜8月は2ヶ月連続でXi > UQ WiMAXとなっている。

8月のdocomo全体の純増数は182,100となっており、そのうちXiが約半数の90,500件の純増。思っていたよりもXi利用者って増えてるんだなー。というのが率直な印象。
⇒基本的に端末は0円で、PCと同時購入で30,000円引き。みたいな施策が効いてるのかな…?
関連エントリ:MacBook Air 11インチをXi同時契約で30,000円割引で購入してきた | shimajiro@mobiler

Xiは、今のところ通信速度はかなり速い速度を維持しているので、あとはエリア拡大を頑張って欲しいところ。Xiエリア(FOMAを除く)とUQ WiMAXのエリアを比べると、『高速通信ができる』エリアという意味ではWiMAXの方が広いので…(^ ^;

もう一つ気になったのはspモード契約者数の増加数。ソースはドコモが発表している携帯電話契約者数のデータ。

NTTドコモ 2011年8月末携帯電話等契約数(PDF)

『spモードの純増数』という項目は無いのだけれど、spモードの純増数は下記計算によって求める事が可能。

iモード/spモードの純増数 – iモードの純増数 = spモードの純増数

上記の計算式を、8月の実績に当てはめると下記。

293,800 – (-463,700) = 757,500

よって、spモードの契約数純増数が約76万純増した計算になる。
docomoのスマートフォン利用者が必ずspモードに加入するかというと、厳密には違うけれど、spモードの加入者数を『ドコモのスマートフォン利用者増加数』と読み替えると、1ヶ月に(ドコモだけで)76万人がスマートフォンを使い始めている。という事になるので、急速にスマートフォンが普及している事の裏付けと言える(^ ^;

iモード契約は30万件に近く純減している事をあわせて考えても、既存のiモードケータイの利用者が一気にスマートフォンにシフトしているなぁ。という事を実感。