プリモバイルのSIMカードが全国的に品薄とのこと

ソフトバンクモバイルのプリモバイルのサービス内容が4/4(木)から変更され、変更後のサービス内容では契約から1年以内の解約には手数料(9,975円)を設定される予定となっているので、変更前にプリモバイルを契約しようとソフトバンクショップを訪れたところ『全国的にSIMカードの在庫が不足している』(店頭に在庫無し)という事で、残念ながら契約する事が出来なかった。
関連エントリ:SoftBank プリモバイル 契約から1年以内のMNP転出の解除料を9,975円に設定 | shimajiro@mobiler

複数の販売店をくまなく探したわけではなく、在庫がある店にはある。という情報もあるけれど、サービス内容の変更前にプリモバイルの需要が増えているのは想定できるし、もしかしたらソフトバンク側で流量をコントロールしているという事も考えられるので、4/4(木)のサービス内容変更前にプリモバイルの契約を考えている場合、在庫がある店を確認した上で来店した方がよさそう。

プリモバイルの解約に伴う手数料の設定については、auの『ぷりペイド』が設定した、契約事務手数料 4,200円 + チャージ代金 3,150円が必ず発生するのと比べると、(有効期限切れによる自動解約を除いて)解約さえしなければ手数料は発生しないので、プリペイドサービスを通常利用するユーザにとっては特に負担が(プリペイドの解約件数を減らすという公算もあるかもしれないけれど)追加になるわけではないので、比較的良心的かなと思う。