Xi、10都市の一部エリアで下り最大100Mbps対応を開始

スポンサーリンク

11/16(金)の2012年冬モデル端末の発売開始に併せて、docomoのXiが全国10都市の一部エリアで下り最大100Mbpsに対応を開始している。

docomoのプレスリリースは以下より。

報道発表資料 : 受信時最大100Mbpsの高速通信サービスを提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

Xiの下り最大100Mbps対応の概要は以下。

■対応機種
2012年冬モデル以降のスマートフォン・タブレット

■対応エリア
都道府県/対応都市(以下都市の一部)
新潟県 新潟市
石川県 金沢市
愛媛県 松山市、松前町
香川県 高松市、綾川町
高知県 高知市
徳島県 徳島市、藍住町
沖縄県 那覇市

Xiの下り最大100Mbps対応のエリアは、ネットワーク側は下り最大112.5Mbpsに対応しており、2012年度内には下り最大112.5Mbps対応の端末が発売される予定である事が、併せて発表されている。

受信時最大100Mbpsエリアにおいては、2012年度内に新たに発売する予定の受信時最大112.5Mbpsに対応した機種をご利用いただくことで、受信時最大112.5Mbpsの高速通信サービスがご利用いただけるようになります。

下り最大100Mbpsの対応エリアは、以下のスケジュールで拡大の予定

2012年冬:上記10都市
2013年春:札幌、仙台、広島を含む50都市以上
2014年春:東名阪を含む全国主要都市

東名阪を含む全国主要都市への展開は、2014年春以降とのことでかなり先の予定になっているのが、東京在住としては悔しいところ。

今のところ、2012年冬モデル端末はGALAXY Note2とモバイルWi-FiルータのL-03Eを購入の方向で検討しているので、機会があったら100Mbpsエリアを利用してみたいなと(^ ^)

ただ、上記の10都市のエリアも詳細には公開されていないので、厳密に『どこで下り100Mbpsが利用可能か』の詳細は不明となっているので、実際に確認するのは結構大変そう…(^ ^;