ソフトバンクモバイル:プリモバイルの契約解除料&契約から短期間でのMNP転出時の手数料を値上げ

スポンサーリンク

■注記

ソフトバンクモバイルのFAQには、プリモバイルを『契約から3ヶ月以内』に解約した場合は、契約解除料が高くなる(20,790円)になる。という表記があるものの、約款(Web)には、プリモバイルサービスの解除料が期間毎に別れていないので、従来通り『1年以内』としています。
※間違っていたら早急に、修正します。


ソフトバンクの提供するプリペイドサービス『プリモバイル』にて、契約から1年以内の解約料と、新規契約から翌々月末までのMNP転出時の転出手数料が値上げされている。

各種手数料の値上げの内容はプリモバイルのWebサイトに注意事項として掲載されている。

AQUA STYLE 001SC(プリモバイル)
AQUA STYLE SoftBank 001SC|プリモバイル プリペイド 携帯 |ソフトバンク オンラインショップ

プリモバイルサービスで値上げされたのは以下の二点。

(1)契約から1年以内の契約解除料
2013年9月27日以前に契約した場合:9,975円
2013年9月28日以降に契約した場合:20,790円
⇒10,815円の値上げ

(2)契約から翌々月末までのMNP転出
変更前:2,100円
変更後:5,250円
⇒3,150円の値上げ

(1)の契約から1年以内の契約解除料値上げについては、MNPを利用した他社への転出や、プリモバイルサービスを解約しない場合は契約解除料を支払う必要が無いため『サービスを利用しなくなったら契約解除料が発生する』という趣旨ではなく、主に短期間でのMNP転出を防ぐためのもの変更と考えられる。

(1)と合わせて変更された、(2)の契約から翌々月末までのMNP転出に係る手数料の値上げによって、プリモバイルサービスを短期間でMNP転出する場合の費用は以下の計算になる。

■ソフトバンク プリモバイルを他社転出する場合の費用(最大時)
新規契約事務手数料:3,150円 ※キャンペーンにより無料
MNP転出手数料:5,250円
契約解除料:20,790円
———————————-
合計料金:26,040円
⇒契約事務手数料の無料キャンペーンが終了した場合、最大で29,190円となる。

プリモバイルのサービスは、プリペイドのチャージ残高の有効期間が終了したあと、着信のみ可能となる360日の電話番号有効期間が設定されており、この期間が終了するとサービスが自動的に解約となり、この場合は上記の契約解除料の支払対象とはならないので、プリモバイルからMNP転出などを行わない場合は、契約から1年以内の解除料の値上げによるユーザ負担の増加は無い。

プリモバイルは従来、契約解除に伴う解除料は設定されていなかったけれど、2012年の4月には、契約から1年以内のサービス解約(MNP転出や解約)時には9,975円の解除料が発生するように、サービス内容が改訂されており、更に契約期間が短期間の場合は解除料が値上げされた形となる。
関連エントリ:SoftBank プリモバイル 契約から1年以内のMNP転出の解除料を9,975円に設定| shimajiro@mobiler