【台湾】桃園国際空港でFar EasTone(遠傳電信)のプリペイドSIMカードを購入!

台湾の桃園国際空港 第二ターミナルでFar EasTone(遠傳電信)のプリペイドSIMカードを購入したので、料金プランプランと価格、APN設定に関するメモ。

■携帯電話各社のカウンターが並ぶエリア(桃園国際空港第二ターミナル)
1012_FarEastone.JPG

桃園国際空港第二ターミナルの到着ロビーを出て左手に進むと、台湾の携帯電話各社のカウンターがあり、プリペイドSIMカードを購入することができる。Far EasToneのカウンターは、各社の空港カウンターの一番右にある。

■Far EasToneの料金プランの例(1)
料金プランの例(600台湾ドル)

600台湾ドルで使える料金プランの例。

空港カウンターでは、SIMカードの代金 + 各種インターネット利用や通話代金などが全てセットとなった料金が表示されているので、総支払額と利用可能なサービスが一目で解りやすく、非常にシンプル。

■Far EasToneの料金プランの例(2)
料金プランの例(400台湾ドル)

今回申込したプランは600台湾ドル(約2,000円)で『インターネットが10日間使い放題、通話用のチャージ金額が250台湾ドル』になるプランに申込してみた。

空港にあるカウンターで、店員に滞在日数を伝えると適切なプランを教えてもらえるので、利用日数あるいは滞在予定の日数を伝えると手っ取り早い。

料金プランの登録はその場ですぐに完了し、購入直後から通話&インターネットの利用が可能になる。台湾のプリペイドSIMは基本的に『通信容量制限なし』となっているので、PCと接続して使う場合なども心強い。

FarEasToneの空港カウンターでの支払は、クレジットカードにも対応しているので、台湾の空港到着後で現地通貨が無い(あるいは少ない)状態でも安心して購入することができる。

SIMカードは通常サイズ、microSIM、nanoSIMが用意可能とのこと。
今回は通常サイズのSIMを買ったけれど、SIMカッターが置いてあったので恐らく必要に応じてその場でカットするものと思う。

■Far EasToneのSIMカードをモバイルWi-Fiルータ『E589』で使用
モバイルWi-Fiルータ E589でFarEasToneのSIMカードを使う

Far EasToneのAPN情報は以下。

APN:f3prepaid
ユーザ名:空白
パスワード:空白

Far EasToneのSIMカードをE589に挿すと、自動的にAPNが作成されたけれど、このままの設定では接続ができず、上記の設定内容(f3prepaid)に変更する必要があったので注意。

■E589に自動設定されたAPN
E589にSIMを挿すと自動的にAPNが設定されたがこのままでは繋がらない

今回Far EasToneのSIMカードで使っているモバイルWi-FiルータのE589(Huawei製)は以下より。

Amazonで20,000円ぐらいで販売されている。

Huawei LTE新モデル E589 モバイル WIFI ルーター下り最大100Mbps Mobile WiFi (SIM フリー版)-Black Huawei LTE新モデル E589 モバイル WIFI ルーター下り最大100Mbps Mobile WiFi (SIM フリー版)-Black

Huawei
売り上げランキング : 26207

Amazonで詳しく見る by G-Tools