【台湾】台湾之星のプリペイドSIM向け容量無制限プランをオンライン購入する方法

台湾の通信事業者「台湾之星」のプリペイドSIMカードを購入後、インターネット経由で残高追加や、インターネット接続パッケージを購入する方法の紹介。

台湾之星は、台北の桃園空港限定で提供している容量無制限プランをオンライン上からでも購入できるのが大きな特長。なおかつ、ログイン時に必要な情報は電話番号&身分証(パスポート番号)のみなので、台湾滞在中に特別な手続をしなくても日本帰国後にオンラインで残高追加などなどの手続が行えるのが便利。

台湾之星のプリペイドSIMカードのオンライントップアップ、容量無制限プランの購入は以下より。
預付卡儲值 – 台灣之星TSTAR

台湾之星:プリペイドSIMカードのオンライントップアップ方法

「我的帳戸」をタップ「預付卡用戸請由此登入」(プリペイドSIMはここから)台湾之星:プリペイドSIMユーザ向けログイン

ログイン後画面オンラインで購入可能なパッケージ内容を確認して「確認」

カード情報を入力
※画像クリックで拡大表示

台湾之星のオンライントップアップ(およびパッケージ購入)が手軽なのは、電話番号 + パスポート番号だけでログインが可能なこと。

台湾の通信事業者のプリペイドSIMカードのオンライントップアップは、台灣大哥大(台湾モバイル)などの通信事業者のプリペイドSIMカードでも可能ではあるものの、台湾モバイルの場合は台湾に滞在中にパスワード登録を行う必要があり、少々手間がかかる&台湾を出発してしまった後ではユーザ登録が行えないなどの点で不便。

その点、台湾之星は電話番号とパスポート番号のみでログインができるので、台湾滞在中にユーザ登録などを行わなくても良い。(そもそも、ユーザ登録というフロー自体が存在しない)

■台湾之星のプリペイドSIMカード(電話番号が記載されている)
電話番号はプリペイドSIMカードの台紙に記載

また、オンラインで購入可能なプランの中に「容量無制限プラン」が含まれているのも大きな特長。台湾に到着する前にオンライン上で容量無制限プランの購入を済ませておけば「空港についてからすぐ」よりも早い「飛行機が着陸したらすぐ」のタイミングで通信量無制限のデータ通信が利用可能となる。
※細かい話をすると、航空機内の電子機器利用制限は、日本と同様に制限が緩和されており、飛行機が着陸後、誘導路を走行中から利用が可能となっている。

■台湾之星:オンラインで購入可能な各種パッケージ(プラン)
[NT$ 250]データ通信使い放題3日間 + 通話用残高100元
[NT$ 250]データ通信使い放題5日間 + 通話用残高50元
[NT$ 450]データ通信使い放題7日間 + 通話用残高120元
[NT$ 450]データ通信使い放題10日間 + 通話用残高100元

オンラインで購入可能な容量無制限プランは、空港で購入可能なプランと同一。
SIMカードの有効期限は、各種プランの購入後180日間となるので、SIMカードの期間延長もオンラインから楽に可能。(有効期限を忘れなければ)

台湾之星のプリペイドSIM向けオンラインサービス(トップアップやデータ定額プラン購入)は、各空港のプリペイドSIMカードを販売するカウンターが営業時間外に到着する場合や、滞在時間が限られていてプリペイドSIMカードを購入する時間的な余裕が無い。などの場合に特に便利。

台湾之星のプリペイドSIMカード(4G LTE対応)購入については以下エントリにて。
【台湾】桃園空港で台湾之星の4G LTE容量無制限プリペイドSIMカードを購入! | shimajiro@mobiler

コメント

  1. とらとら より:

    今回空港カウンターで無事に入手し便利に使えました。
    で、質問なのですが SIM有効期限の180日を過ぎてしまえば
    オンライン上からも各プランは購入出来ないと云うことでしょうか?

    • shimajiro より:

      >で、質問なのですが SIM有効期限の180日を過ぎてしまえば
      >オンライン上からも各プランは購入出来ないと云うことでしょうか?

      はい。SIMカード自体の有効期限が終了するとオンラインでの購入もできないものと思われます。
      (実際に有効期限が切れた状態でオンライン購入を試していないので推測ではありますが)

      • とらとら より:

        回答有難うございます
        やはりそうですよね~
        期限が切れる前に一番安いプランをとりあえず購入しておけば再延長可能なのでしょうかね?
        でも実際に台湾で接続しないならやっぱり失効してしまいそうな気もするし・・・

        • shimajiro より:

          >期限が切れる前に一番安いプランをとりあえず購入しておけば再延長可能なのでしょうかね?

          はい。有効期限内にプラン購入をしたり、チャージで残高を追加したりすれば失効はしません。
          これは、実際に台湾内で通信が行われたかどうかに関係ありませんので、半年以上台湾を訪問しない場合でも、オンラインからプラン購入などなどを繰り返せば、プリペイドSIMカードの契約は維持可能です。

        • とらとら より:

          なるほど。
          じゃあ一番安い計日型1日100元を購入すれば半年延長出来るわけですね。
          ありがとうございました!

  2. うまうま より:

    ホームページ見ると空港でしか買えない250$プランの紹介がありますね。
    もしかしたら、最初は250だけどリチャージ以降はこのプラン選べないのかもしれないですね。
    だったら毎回買いなおしたほうが手間はかかるけどお得になってしまいますね。

  3. うまうま より:

    素早い回答ありがとうございます。
    リンクから飛ぶと購入ページに飛べますが、PC用のサイトにすると会員番号取らないとダメなようですね。いろいろ謎です。

  4. うまうま より:

    はじめまして、今週末台湾に行くのでこの記事を参考に電話番号等入力したところ、4G行動上網5日 500NT$のような選択肢しか出てこず、250NT$のプランが出てきません。
    なぜかわかるでしょうか。
    ちなみにSIMカードは3月に桃園で購入したものです。

    • shimajiro より:

      こちらでも確認したところ、確かにNT$ 250のプランが無くなっているようです。

      恒久的なものなのか、一時的なものなのかはわかりませんが、台湾之星のプラン変更によるものと思われます。