【台湾】中華電信のプリペイドSIMを購入!10日間インターネット使い放題で約1,600円

台湾の桃園国際空港 第二ターミナルで中華電信のプリペイドSIMを購入(厳密には購入済みのSIMカードの残高追加&インターネット接続プランへ登録)したので購入メモ。

台北の松山空港でのプリペイドSIMカード(中華電信)購入については以下エントリにて。
台北 松山空港で中華電信のプリペイドSIMカードを購入! | shimajiro@mobiler

プリペイドSIMの購入は桃園国際空港第二ターミナルにある、中華電信のカウンターで行える。

■桃園国際空港 第二ターミナルにある各社のカウンター
桃園国際空港第二ターミナルのカウンター

桃園国際空港 第二ターミナルを出て左手に進むと、台湾モバイル、中華電信、Far EasToneの空港カウンターがあり、ここで各社のSIMカードを購入可能。

時間帯によってはカウンターが混雑していることもあるので注意。通信事業者に特にこだわりが無ければ、空いているカウンターで購入するのも良いと思う。
(このときも、会社によっては空港カウンターが混雑していた)

空港カウンターでは、基本的に英語が通じるスタッフがいることが多いのと、カンタンな日本語もある程度通じる(何日、いつまでなど)スタッフがいることも多い。

■中華電信のプリペイドSIM 料金プラン
中華電信のプリペイドSIM料金プラン

『無限上網○日』が、無制限のデータ通信プランの有効日数で、『+通話費』が通話用の料金の残高の意味。

台湾のプリペイドSIMカード販売は、SIMカードの単体販売ではなく、上記のようなインターネット接続とセットで提供されているため、旅行者としてはSIMの代金と接続プランの代金を別々に考える必要が無いのはシンプルと言える。

今回は滞在期間に合わせて、500元(約 1,600円)のプランE(インターネット10日間利用可能 + 通話用残高100元)のプランに申込してみた。
⇒各キャリアの国際ローミングの料金は、1日あたり2,980円/日が上限となっているので、その約半分の費用で10日間インターネットが使い放題になる計算。

空港カウンターのスタッフに希望のプランを伝えると、その場で希望のプランに登録を行って貰える。

中華電信のプリペイドSIMカードは、過去に購入していたものがあったので、今回はSIMカードを新規に購入するのではなく、既存のSIMカードにプリペイド残高をチャージして、上記の料金プランに申込を行った。

台湾でのプリペイドSIMカードの購入時はパスポートが必要になるけれど、今回は既にSIMカードを持っていたので改めてのパスポート提示は不要だった。

■中華電信のプリペイドSIMサービスガイド
中華電信プリペイドSIMサービスガイド

中華電信のプリペイドSIMで使える『10日間』は、24時間 * 10日間の意味であり、登録時点から240時間、インターネットが使い放題となる。

■10日間プランでは240時間、インターネット接続が使い放題
10日間プランでは240時間、インターネット接続が使い放題

空港カウンターでインターネット接続プランへの登録が完了すると、上記のSMSが届き、すぐに利用が可能となるため、空港から移動する際にもプリペイドSIMを使ったインターネット接続が利用できるのが心強い。

■APNはinternet
APNはinternet
※上記画像を見てわかるとおり、ドコモ端末で『データローミング』を有効にしなくても、プリペイドSIMでの通信ができた。(ローミングを示すRマークも表示されなかった)

中華電信のプリペイドSIMのAPN設定は以下。

APN:internet
ユーザ名:空白
パスワード:空白

APNを任意の内容に変更してみたところ、正常にデータ通信を行うことができなくなったため、APN設定は正しく設定する必要がある。

■SIMロック解除したGALAXY S4(SC-04E)でテザリング可能
GALAXY S4ではテザリングが可能

2013年6月の時点で既に確認済みではあったけれど、SIMロックを解除したGALAXY S4 + 中華電信のプリペイドSIMの組み合わせでテザリングの利用が可能だった。
関連エントリ:GALAXY S4はSIMロック解除後に海外SIMでのテザリングが可能!ドコモのGALAXYシリーズでは初 | shimajiro@mobiler

中華電信のプリペイドSIMサービスは、サービスガイド&ガイダンスが日本語対応しているので、日本人が現地にしばらく滞在する場合でも比較的安心かも。

中華電信のプリペイドSIMサービスのガイダンス(928へ発信)の日本語動画は以下より。