フィリピンを襲った台風によってレイテ島タクロバン市は壊滅的被害/死者数は少なくとも1,200人以上か

スポンサーリンク

フィリピンを襲った台風30号、ハイエン(フィリピンではYolandaと呼ばれている)による被害状況が徐々に明らかになり、台風が直撃したレイテ島北東部の都市、タクロバン市が特に壊滅的な被害が発生していることが報道されている。

ルソン島、タクロバン市の位置は以下(Google Map)

大きな地図で見る

CNN.co.jpはタクロバン市内で路上に遺体が散乱している。と衝撃的な内容を報じている。

CNN.co.jp : 被災地で100遺体以上を発見、フィリピンの巨大台風 – (1/2)

(CNN) フィリピン中部の島を横断した超大型の台風30号(ハイエン)の被害で、甚大な被災地とされるレイテ島タクロバン市での犠牲者は100人以上に達する恐れがあることが9日わかった。路上に遺体が散乱しているという。

CNNでは、タクロバン空港のターミナルビルは『完全に破壊されている』状況としている。

CNN記者は9日、首都マニラを出発した軍貨物機に同乗しタクロバン市の現状を目撃したが、「津波に襲われたような惨状」と報告した。空港のターミナルビルは完全に破壊されているという。

フィリピンのYahoo!NEWSには、被害を受けたタクロバン空港の管制塔の内部写真や、被害を受けたタクロバン市の市内の様子として、約40枚の写真が公開されている。
※遺体の搬送写真なども掲載されているので、閲覧にはご注意を。

Super storm ‘Yolanda’ (Haiyan) hits the Philippines

フィリピンのYahoo!NEWSに公開されている写真からは、タクロバンに直撃した台風の被害の大きさが伝わってくる。

さらに、フィリピンの赤十字によると死者数はタクロバン市で1,000人、サマル島で200人を超える。(合計で1,200人)とコメントしており、今後被害状況が明らかになって被害者が増えることが予想される。

BBC News – Typhoon Haiyan: Hundreds feared dead in Philippines

First reports said 100 bodies had been found but the Red Cross later said the figure could be more than 1,000.

Reports suggest another 200 may have died in Samar province, the Philippine Red Cross said.