バニラ・エア 成田 ⇔ 那覇が4,000円/片道の『わくわくバニラ』を30時間限定で販売!

12月20日より就航を開始したばかりのLCC、バニラ・エアが成田 ⇔ 那覇が4,000円/片道になる『わくわくバニラ』を30時間限定で販売している。

バニラ・エアのWebサイトは以下より。

【公式】バニラエア (Vanilla Air) – LCC 国内線 国際線 航空券 予約
公式 バニラエア Vanilla Air LCC 国内線 国際線 航空券 予約

■予約期間
〜 12月27日(金) 18:00

■搭乗期間
2014年1月6日(月) 〜 2014年3月29日(土)

■対象路線&価格
成田 ⇔ 那覇:4,000円/片道

今回の『わくわくバニラ』の対象路線は成田 ⇔ 那覇のみとなっており、価格も4,000円/片道と極端な割安感は無いものの、往復で成田 ⇔ 那覇が10,000円を切る価格となっており、搭乗期間が比較的長めになっているので、セールの対象期間中に旅行などを考えている方にはオススメ。

また、バニラ・エアの『わくわくバニラ』の運賃については、ジェットスターの提供する『最低価格保証』の適用が可能となっているため、日本国内線については、

・ジェットスターと同一日&同一路線で、出発時刻が前後1時間以内の便
・ジェットスターの方が他社よりも運賃が高い(サービス内容が同一である必要あり)

という条件を満たすと、他社価格より10%安い価格でジェットスターの便を予約可能となる。
関連エントリ:ジェットスターの最低価格保証は『わくわくバニラ』の料金に対しても適用可能!成田 ⇒ 沖縄が900円で購入可能 | shimajiro@mobiler

LCC国内線の航空券の場合は、ジェットスターの『最低価格保証』で購入してもそれほど金額は変わらないことも多いけれど、例えば成田を早朝に出る便がセール対象で安くなっている場合に、セール対象便よりも、1時間遅いジェットスターの便に搭乗することで、運賃が安くなることよりも、出発時間が早朝でなくなることによるメリットを享受することもできるので、使い方次第では活用する価値は大きい。