春秋航空日本、2014年5月から成田 ⇔ 高松・佐賀・広島の国内線に就航予定!国際線は茨城 ⇔ 上海の増便/関空 ⇔ 上海の新規就航も

春秋航空日本は、12月26日に記者会見を開催し、2014年5月より成田を拠点とすることや、国内線では成田から高松・佐賀・広島に就航予定であること、現在運行中の茨城 〜 上海線の増便を行うことを発表している。

『春秋航空日本』の会見内容については、NHKニュースに詳細が掲載されている。

LCC「春秋航空日本」 機体や制服披露 NHKニュース

春秋航空日本は、中国の「春秋航空」などが出資して設立した格安航空会社で、国土交通省から今月17日に事業認可を受け、来年5月から成田空港を拠点に、広島、高松、佐賀との間で1日2往復の運航を始める予定です。

春秋航空日本に出資している中国の『春秋航空』が、上海 〜 佐賀&高松線を運行しているため、成田から展開する国内線については、乗り継ぎ需要を睨んだ展開となっており、上海から佐賀&高松経由での首都圏への乗り継ぎや、首都圏から佐賀&高松と上海を周遊するようなルートも考えられる。

また、現在週6便で運行されている上海 〜 茨城線についても増便を予定しているとのことで、既存路線についても強化される予定。茨城空港は、首都圏在住者にとって馴染みが薄いけれど、茨城空港 ⇔ 東京駅間は直通のバスが運行されており、茨城空港を発着する便の搭乗者については500円/片道(非搭乗者は1,000円/片道)と、非常に安い価格で移動することができる。
※バスの運賃としては、成田に行く東京シャトルなどのバスよりも安くなっている。
ソース:アクセス|茨城空港

春秋航空(中国)は、上海 〜 茨城線以外にも、上海 〜 大阪(関空)に1往復/1日就航予定となっており、2014年5月より国内線に参入する『春秋航空日本』を含めて、春秋航空および春秋航空日本が運行する便が一気に拡大していく見込み。
参照エントリ:春秋航空、大阪/関西〜上海/浦東線に2014年1月就航へ!=デイリー運航! – Traicy

2013年9月に行われた『旅博2013』での春秋航空日本のイベントの様子は以下エントリにて。
春秋航空日本が日本国内線参入をアピール – 2014年5月末より日本国内線に就航予定【旅博2013】 | shimajiro@mobiler