Wi-Fi WALKER WiMAX2+、iPhone 5を音声契約中のSIMカードを挿して利用可能!4G LTEも使える

スポンサーリンク

auのiPhone 5で契約している音声契約のSIMカード(nanoSIM)をmicroSIMに変換するアダプタを使って、現時点では唯一のWiMAX 2+対応端末であるWi-Fi WALKER WiMAX2+(HWD14)で、ノーリミットモード、ハイスピードモード、ハイスピードプラスエリアモードの全ての通信モードで通信できることが確認できた。

■ハイスピードプラスエリアモードに接続
auのiPhone 5で契約しているSIMカードでWi-Fi WALKER WiMAX2+を使用

■ハイスピードプラスエリアモードでWiMAX 2+に接続
ハイスピードプラスエリアモードでWiMAX2+に接続

■ノーリミットモードでWiMAXに接続
ノーリミットモードでWiMAXに接続

■契約しているauのiPhone 5音声契約の回線の内容
料金プラン:LTEプラン
パケット定額:LTEフラット
ISP:LTE NET for DATA

auのiPhone 5(音声契約)のSIMカードをWi-Fi WALKER WiMAX2+で利用するにあたって、特別な設定変更などなどは行っておらず、SIMカードをWi-Fi WALKER WiMAX2+に入れただけで通信を行うことができた。
※ちなみに接続先はデフォルトの『Internet』とされている。

契約しているiPhone 5の回線は、もともとWi-Fi WALKER LTE(HWD11)用に使っていた回線で、毎月の通信料は以下の計算になる。

■iPhone 5(音声契約)通信料
LTEプラン:980円/月
LTEフラット:5,985円/月
LTE NET for DATA:525円/月
ウェルカム割:▲980円/月
毎月割:▲2,140円/月
auスマートバリュー:▲1,480円/月
——————————————–
合計料金:2,890円〜/月
※このままの通信料で、Wi-Fi WALKER WiMAX2+が利用可能なのかは未確認。月を跨いだら別途確認の予定。

iPhone 5の音声契約のSIMカード + Wi-Fi WALKER WiMAX 2+の組み合わせは、そもそもこの組み合わせで使うニーズは多くないと思うけれど、iPhone 5などで契約している音声回線を余らせている場合、Wi-Fi WALKER WiMAX2+を端末だけ入手できると、通信料の負担を増やすことなく、WiMAX 2+を利用することが可能になる。
⇒個人的には、Wi-Fi WALKER LTE(HWD11)で使っていた、auのiPhone 5契約の回線があるので、しばらくはこれをWi-Fi WALKER WiMAX2+用に転用して使ってみる予定。

Wi-Fi WALKER WiMAX2+の白ロムは、Yahoo!オークションなどで(たまに)販売されている。

Yahoo!オークションでのWi-Fi WALKER WiMAX2+の検索結果は以下より。
Wi-Fi WALKER WiMAX2+の検索結果(Yahoo!オークション)