沖縄県 宮古島の通信環境:auの4G LTEがほぼ島内全域をカバー

スポンサーリンク

訪問予定の沖縄県の『宮古島』のモバイル通信環境を各社のエリアマップで確認してみた。

ちなみに前回の訪問は2012年12月で、このときはEMOBILE LTEのみエリア化を確認していた。
宮古島でEMOBILE LTEが利用可能だった | shimajiro@mobiler

当時、宮古島でLTEが利用可能だったのはEMOBILE LTEだけだったけれど、エリアマップで確認したところ、ドコモ、KDDI、SBMグループの各社が高速なモバイル回線の提供を開始していた。

  1. NTT docomo – 島内の半分位がXiエリア化/通信速度は最大75Mbpsまで
  2. Xiは島内の半分ぐらいをエリア化済み

    前回訪問時はLTEのサービス提供開始が確認できなかったドコモのXiだけれど、現在は島内の半分ぐらいのエリアがXiエリア化されている模様。

    通信速度は沖縄県で提供可能な下り最大112.5Mbpsではなく、下り最大75Mbpsに止まっているものの、それほどトラフィックが集中しないであろうことを考えると、下り最大75Mbpsで十分快適な通信環境が提供されている可能性も考えられる。

  3. KDDI – LTEはほぼ全域をカバー
  4. サービスエリア|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2

    驚いたのはKDDIで、既に宮古島のほぼ全域をエリア化しており、エリアマップ上で確認する限りは宮古島で最もエリアの広いLTEサービスを提供していることになる。

    KDDIのLTEは、過去にも九州の佐賀関 ⇒ 四国の三崎(愛媛県)へフェリーで移動する際に海上でLTEが途切れることなく、エリアについては現時点で最も広いエリアでLTEを提供している。という印象。
    関連エントリ:佐賀関(大分県) ⇒ 三崎(愛媛県)へ移動するフェリーでWi-Fi WALKER LTEがずっとLTE接続だった | shimajiro@mobiler

  5. WiMAX 2+およびWiMAX – サービス非対応
  6. WiMAX 2+およびWiMAXは完全非対応

    WiMAXおよびWiMAX 2+については引き続き全域でサービス提供がされておらず、エリア化予定についても未定。(マップ上では確認できない)

    auのLTEがエリア化されていることから考えると、WiMAXについてはエリア化予定が無いのかも…(^ ^;

  7. AXGP – 中心部はエリア化済み
  8. AXGPは中心部のみエリア化

    AXGPは島内の中心部がエリア化されている。(ちょっと意外だった)

  9. EMOBILE LTE – 中心部はエリア化済み
  10. EMOBILEは中心部のみLTEエリア

    最も早く宮古島でLTEを提供開始したEMOBILE LTEだけれど現在のエリアの広さは他社に遅れをとっている模様。

    エリアマップで見る限り、AXGPのエリアとEMOBILE LTEのエリアはほぼ同じようなエリアになる模様。(現時点ではEMOBILE LTEの方がエリアが広いけれど、AXGPの拡大予定エリアがほぼEMOBILE LTEと同等)

というわけで、宮古島でも中心部であればアタリマエのように各社のLTEサービスが利用可能になっていることができそうで楽しみ(^ ^)