春秋航空、大阪 ⇔ 上海線を運賃1円にするキャンペーン/総額では往復で約20,000円

大阪(関空) ⇔ 上海(浦東)線を新規開設する『春秋航空』が、新規就航を記念して同路線の航空運賃を1円(燃油/諸税別)で販売予定。

春秋航空のWebサイトは以下より。

春秋航空公式サイト――中国一番安い格安チケット,特典チケット
春秋航空公式サイト 中国一番安い格安チケット 特典チケット

■対象区間&運賃
大阪(関空) ⇔ 上海(浦東):1円/片道
※燃油サーチャージ&諸税別

■販売期間
3月25日(火) 11:00 〜 3月27日(木) 23:00

■搭乗期間
4月10日(木) 〜 4月30日(水)

春秋航空のWebサイトで航空券を購入する場合、航空運賃(今回は1円になる)以外に必要になる費用が約20,000円必要となる。

■航空運賃以外に必要な費用
大阪 ⇒ 上海:10,030円
上海 ⇒ 大阪:10,150円
—————————
合計金額:20,180円

■注意事項
・春秋航空の会員登録(無料)が必要。
・1回の予約で片道1枚まで予約可能。

航空運賃が1円になるのは確かに安いけれど、それ以外の費用がざっくりと10,000円/片道必要になり、往復で20,000円になるのは、大阪 ⇔ 上海間の距離から考えると割安とは言えない。

他社の例と比較してみても、例えば3月30日より名古屋に就航するエアアジアXは、名古屋 ⇒ クアラルンプールを11,000円/片道(燃油&諸税込み)としており、値段的にはほとんど変わらない値段で名古屋 ⇒ クアラルンプール間を移動することができる。
関連エントリ:エアアジアX 名古屋 ⇔ クアラルンプール就航記念セール!名古屋 ⇒ クアラルンプールが11,000円/片道など | shimajiro@mobiler

そんなわけで、それほど割安とは言えないキャンペーンではあるけれど、LCCの就航によって従来よりも割安な運賃で移動が可能になるのは歓迎したいなと(^ ^)