プラスXi割/auスマートバリュー mine/Wi-Fiセット割のキャンペーン比較

スポンサーリンク

スマートフォン + モバイルWi-Fiルータのセットなどで通信料が割引になる施策が、ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの各社より行われているので、キャンペーン内容の比較。

プラスXi割/auスマートバリュー mine/Wi-Fiセット割の比較

提供会社 ドコモ au SoftBank
名称 プラスXi割 auスマートバリュー mine Wi-Fiセット割
申込期限 2014年8月31日まで 未定 未定
割引金額 ■タブレット利用時
3,089円/月

■Wi-Fiルータなど利用時
2,061円/月

1,008円/月 ■Wi-Fiルータを2年契約時
2年間:1,008円/月
3年目以降:802円/月

■Wi-Fiルータを4年契約時
1,008円/月

割引対象 Wi-Fiルータやタブレットで利用するデータ通信プランの通信料 スマートフォンの通信料 スマートフォンの通信料
適用上限 1回線 1回線 5回線
割引期間 期限なし 2年間または4年間
※Wi-Fiルータの契約期間に準拠
2年間
適用条件 ■音声回線
各種パケット定額プランの契約

■データ回線
Xiデータプラン フラットまたは、Xiデータプラン フラットにねんの契約

■その他
音声回線&データ回線を同一名義で契約すること。

■音声回線
LTEフラット/ISフラット/プランFの何れかの契約

■Wi-Fiルータ
WiMAX 2+ フラット for DATAの契約
※あるいは提携の事業者のWiMAX 2+を契約

■その他条件
音声回線&Wi-Fiルータを同一名義で契約すること

■音声回線
各種パケット定額サービスに加入

■モバイルWi-Fiルータ
以下の何れかの機種を指定のデータ定額プランで契約。
EMOBILE GL09P
(SoftBank 203Z)
EMOBILE GL10P
(SoftBank 301HW)

■その他条件
Wi-Fiルータの契約者と同一、またはその家族であること。

備考 iモードケータイ/FOMAスマートフォンとの組み合わせの場合は、利用端末に関係無く2,061円/月の割引となる。
割引金額は、利用する端末(タブレットまたはその他)によって異なる。
本来の割引金額は、

Wi-Fiルータを2年契約:802円/月
Wi-Fiルータを4年契約:1,008円/月

だが、キャンペーンによって2年契約時でも1,008円/月の割引が適用可能。
※期限は2014年8月31日まで。

モバイルWi-FiルータをEMOBILEで契約し、スマートフォンをSoftBankで契約している場合でも割引の適用が可能。但し、EMOBILEの販売するGL06P以前のモバイルWi-Fiルータについては割引の対象外。

プラスXi割

ドコモのプラスXi割は、音声回線&データ回線を同一名義で契約している上、両方でパケット定額サービスに申込すると適用可能となる。割引金額はタブレット利用時に大きくなっており、データ通信回線をWi-Fiルータやスマートフォンで利用した場合は割引額が小さくなる。

割引金額は2,000円/月を超えており、割引金額そのものは大きくなっている上に、割引が適用される期間に制限が無い(永年割引)のが特長と言える。

なお、プラスXi割は先日発表されたドコモの料金プランの刷新に伴って、2014年8月末で新規受付を終了(既存の割引については継続適用可能)予定となっているので、適用を希望する方はお早めに。

auスマートバリュー mine

auスマートバリュー mine(auスマートバリューとは異なる)は、WiMAX 2+の提供開始に伴って開始された割引で、WiMAX 2+対応のWi-Fiルータを自宅回線として使うような場合に、別途所有しているauのスマートフォンの通信料が割引されるキャンペーン。

割引可能なauスマートフォンの回線数は1回線となっており、割引期間もWi-Fiルータの契約期間中のみではあるけれど、モバイルデータ通信サービスの中では唯一となる『容量無制限』のモバイルWi-Fiルータとauスマートフォンのセットで通信量が割引されるのは、自宅に固定回線を契約しない方向けの割引としては貴重と言える。

Wi-Fiセット割

ソフトバンクモバイル&イー・モバイルの提供する『Wi-Fiセット割』は、ここで紹介する3つの割引の中で唯一、割引の適用可能なスマートフォンの回線数がWi-Fiルータ1契約につき5回線までとなっているため、割引可能な回線数次第では、モバイルWi-Fiルータの利用有無にかかわらず、Wi-Fiセット割を適用した方が月額通信料が安くなる。というパターンがありえる。

スマートフォンの契約はSoftBank、モバイルWi-Fiルータの契約はEMOBILEで。というパターンでも、スマートフォン&モバイルWi-Fiルータが割引対象機種となっていれば割引は可能となっているけれど、EMOBILEのモバイルWi-Fiルータは、EMOBILE 4G対応端末のみ(SoftBankのネットワークを利用する端末のみ)となっているので注意が必要。

従来、EMOBILE LTEは容量無制限のサービスとして提供されていたため、SoftBank仕様のモバイルWi-Fiルータ(GL09P/GL10P)への機種変更に抵抗がある。という点は理解できるものの、EMOBILE LTEは2014年5月から、月間の通信量が10GB/月に制限され、10GBを超えると速度制限の対象となるため、現在EMOBILE LTEを利用しているユーザがWi-Fiセット割対象となるスマートフォンを契約している場合は、Wi-Fiセット割を適用させるために、割引の適用対象となるWi-Fiルータへ機種変更する。というのも悪く無いかなと。

Wi-Fiセット割の割引は、モバイルWi-Fiルータの契約者と同一住所の家族であれば割引が適用可能となっているため、家族揃ってSoftBank(またはEMOBILE)のスマートフォンを使っている。というような場合は特に有効な割引と言える。

コメント

  1. さわやん より:

    表の書き方がまちまちですが、
    Xiのタブレットが優遇されるのは最初の2年だけです
    mineも最初の2年だけで、以降も(2年契約の場合金額が下がるだけで)割引は続きます
    そんな訳で、3つとも割引期間に制限はないです
    (SBのが3年目以降とかあって割引期間が2年とか明らかにおかしい)

    また、SBだけで強調されてますが、+Xi割も1回線より1回線足して+Xi割にした方が安い場合があります(タイプSSバリュー+パケホーダイダブル)