ドコモ新料金プランはお得になるのか?音声3回線 + データ4回線でシミュレーションしてみた

スポンサーリンク

ドコモの新料金プランはお得になるのか?をシミュレーションしてみた。

■前提条件
音声回線:3回線
データ回線:4回線

■現行プランでの料金概算

プラン パケット定額 通信量 月額料金(概算) 備考
タイプXiにねん Xiパケ・ホーダイ ライト 3GB 6,598円
タイプXiにねん Xiパケ・ホーダイ ライト 3GB 6,598円
FOMA プランSS パケ・ホーダイダブル 0GB 1,410円 ほとんど通信しない
Xiデータプラン フラット にねん 7GB 4,094円 プラスXi割適用
Xiデータプラン フラット にねん 7GB 4,094円 プラスXi割適用
Xiデータプラン フラット にねん 7GB 4,094円 プラスXi割適用
Xiデータプラン フラット にねん 7GB 6,156円
音声サービス合計 6GB 14,606円
データサービス合計 28GB 18,438円
合計 34GB 33,044円

※画像版はこちら
※金額は税込/ISP料金は含まない/月々サポートによる割引は考慮しない

現行の料金プランでは、月々サポートによる割引考慮前の状態で、料金合計が約33,000円。
音声サービス&データサービスの合計通信量は34GBで、この容量を毎月使い切っているかと言えば、ドコモ以外に契約しているWiMAX回線なども多数ある状態なので、正直に言うとかなり残している状態。(正確な容量については不明)

続いて、変更後の料金プランの概算。

音声回線2契約についてはカケホーダイに変更、FOMA契約については現行契約のまま契約を変更しない前提で計算。

■変更後プランの料金概算(パケットパック以外)

プラン パケット定額 通信量 月額料金(概算) 備考
カケホーダイ パケットパックに依存 0GB 2,916円
カケホーダイ パケットパックに依存 0GB 3,456円 シェアオプション代含む
FOMA プランSS パケ・ホーダイダブル 0GB 1,410円 ほとんど通信しない
データプラン(スマートフォン) 0GB 2,376円 シェアオプション代含む
データプラン(スマートフォン) 0GB 2,376円 シェアオプション代含む
データプラン(スマートフォン) 0GB 1,836円 シェアオプション代含む
データプラン(スマートフォン) 0GB 1,836円 シェアオプション代含む
音声サービス合計 0GB 7,782円
データサービス合計 0GB 8,424円
合計(パケットパック合算前) 0GB 16,206円

※画像版はこちら
※金額は税込/ISP料金は含まない/月々サポートによる割引は考慮しない

パケットパックを適用する前の月額料金の合計額が約16,000円となった。
現行プランでの月額料金合計が約33,000円となったため、パケットパックの定額料金が17,000円を下回れば、料金的には新料金プランの方が安くなる計算になる。

■パケットパック考慮後の料金概算

プラン 通信容量 定額料 月額料金(概算) 現行プランとの差額
シェアパック10 10GB 10,260円 26,466円 -6,578円
シェアパック15 15GB 13,500円 29,706円 -3,338円
シェアパック20 20GB 17,280円 33,486円 442円
シェアパック30 30GB 24,300円 40,506円 7,462円

※画像版はこちら
※金額は税込

新料金プランで契約するパケットパックが『シェアパック20』(20GB)以上になる場合、通信料は現行の料金プランよりも値上がりになり、『シェアパック15』(15GB)以下の場合は通信料は現行プランよりも下がりになる。

結論から言えば、ドコモ回線のデータ通信量については15GB/月で十分足りると計算できるので、自分のケースでは『新料金プランで値下げが可能』な見込み。

上記のシミュレーションは、毎月の月額基本料金にのみフォーカスしているけれど、新料金プランでは、音声通話が日本全国かけ放題になる『カケホーダイ』が利用可能になるため、音声通話の通話料を気にせずに利用可能となるのも、新料金プランならではのメリット。

個人的には音声通話はそれほど多用する方ではないけれど、メールなどのテキストによるコミュニケーションよりも、音声通話で同期的にコミュニケーションした方が手っ取り早いケースが多いことも事実なので、音声通話の完全定額については嬉しいところ。

特に、スマートフォン&音声通話の連携については、サービス側でも連携が強化されつつあり、例えば旅行中に予約するホテルのWebサイト上からカンタンに音声発信ができるようになっている等、『スマートフォンで調べて音声通話する』ためのフローが、いろいろなサービスで整いつつある。というのも、『スマートフォンで音声通話定額』の持つメリットと思う。
※当然、iモード端末でも同じようなことは実現できていたけれど、スマートフォンが普及して以降、『スマートフォンで情報を調べて音声通話』を意識しているサイトが増えているように感じるので。。。

そんなわけで、基本料金だけを見ると『高い』と思わざるを得なかったドコモの新料金プランだけれど、パケット通信量さえ過大にならないように気をつければ、自分の場合はトータルでの支払金額を下げることができそうなので、契約している回線の大部分は新料金プランに移行する予定。
※FOMA音声プラン + Xiデータ回線でプラスXi割は1セット残す可能性はあるけれど。