docomo Wi-Fiに自動的にログイン可能な『SIM認証』の提供を開始!iPhone 5s/5cや2013年冬モデル以降機種で対応/Wi-Fiルータも対応

スポンサーリンク

ドコモの提供する『docomo Wi-Fi』で、契約情報に基づいて認証処理を自動化する『SIM認証』の提供が10月15日より開始される。

docomo Wi-FiのSIM認証の告知はdocomo Wi-Fiのサービス紹介ページより。

docomo Wi-Fiとは | サービス・機能 | NTTドコモ

docomo Wi-Fiは2013年10月15日よりSIM認証(SIMカードの情報を活用した認証方式)に対応します。
これまで、docomo Wi-Fiをご利用をいただくには、「docomo Wi-Fiかんたん接続」アプリの設定やユーザID/パスワードなどの入力が必要でしたが、SIM認証への対応により、SIM認証対応エリアにおいてはこれらの設定が一切不要となります。
また、SIM認証への対応によりdocomoWi-Fiへの切り替え時間が大幅に短縮されます。

■提供開始日
2013年10月15日(火)

■対応機種
iPhone 5s/5c
2013年冬 〜 2014年春モデル以降の機種
※モバイルWi-Fiルータ『HW-01F』『L-02F』も対応することを確認済み

■対応エリア
順次拡大予定。
※SSIDは0001docomo

『SIM認証』の提供によって、SIM認証対応のdocomo Wi-Fiのエリア内では、Wi-Fiが有効時に自動的にdocomo Wi-Fiに接続され、従来よりもカンタンにdocomo Wi-Fiを利用することが可能になる。また、SIM認証への対応によって、docomo Wi-Fiへの接続切り替え時間が大幅に短縮される。というのも嬉しい。

SIM認証は従来の機種では非対応になっているため、利用するためにはSIM認証に対応した端末が必要になる。docomo Wi-FのWebサイトでは特に記載されていないものの、モバイルWi-FiルータのL-02F、HW-01Fについても、SIM認証に対応することを先日の発表会で確認済み。
関連エントリ:下り最大150Mbps対応のモバイルWi-Fiルータ『L-02F』を徹底解説! | shimajiro@mobiler

モバイルWi-Fiルータの場合、スペック上は『公衆無線LAN接続に対応』とされていても、

・IEEE802.1x認証を使った自動ログインに対応(BF-01B/D)
・特定のSSIDに対するWi-Fi接続までに対応(L-03Eなど)

など、機種によって挙動が異なっており、必ずしも使いやすい状態とは言えなかったけれど、端末に挿されているSIMカードによって自動的にログイン処理が行えるようになる。というのは、モバイルWi-Fiルータに無線LANのログイン情報を設定するのが手間であることを考えると、docomo Wi-Fi接続のためのハードルがググっと下がる。

ドコモの新商品発表会で確認した限りでは、『SIM認証』方式に対応した端末にSIMカードが入っていない場合は『従来通りのログインが可能』とのことなので、docomo Wi-Fiを契約していないSIMカードを挿した状態で利用するケース(MVNOのSIMカードを使うなどのケース)でも、従来と同様のログイン(ID/PWを個別設定してログイン)は可能。