中国移動のTD-LTEが使えるモバイルWi-FiルータE5375を深圳で購入

スポンサーリンク

中国移動のTD-LTEが使えるモバイルWi-Fiルータ『E5375』を中国 深圳で購入したので購入レポート。

■中国移動のTD-LTEに対応するモバイルWi-FIルータ『E5375』を購入
中国移動のTD-LTE対応モバイルWi-Fiルータ『E5375』を購入
※ちなみに、中国移動で販売されているE5375はSIMフリー仕様となっている。

■購入情報
購入商品:モバイルWi-Fiルータ E5375(Huawei)
購入場所:深圳 賽格電子廣場 (GoogleMap)
購入価格:CNY 550(約9,000円)ぐらい (※別の端末とセットでCNY 800で購入したため)

購入したモバイルWi-Fiルータ『E5375』(Huawei)は、基本的にE5732と形状などは同一となっており、異なるのはTD-LTEに対応している点。

TD-LTEに非対応のE5372は、香港でも多くのお店で販売されていた他、香港以外ではフィリピンなどでも販売されていることを確認済みだけれど、香港ではE5375を販売しているお店が見つからなかったので、深圳で購入することに。
関連エントリ:モバイルWi-Fiルータ『E5372』のSIMフリー版がフィリピンで販売されていた | shimajiro@mobiler

■深圳の賽格電子廣場
深圳の賽格廣場

深圳の『賽格電子廣場』の3Fは、PCと接続するためのモデムやモバイルWi-Fiルータなどが販売するお店が多数入居している。

■賽格電子廣場で販売されているモデムなど
賽格電子廣場内のとあるお店のディスプレイ

興味深かったのは、中国向けの製品以外に、オーストラリアやインドネシアなどのキャリアの端末も一部販売されていたこと。

■オーストラリア Telstra向けのモバイルWi-Fiルータ
オーストラリア Telstra向けのモバイルWi-Fiルータ

■インドネシアの『BOLT!』のモバイルWi-Fiルータ
インドネシアのBOLT!の販売するモバイルWi-Fiルータ

インドネシアの『BOLT!』のWebサイトは以下。
BOLT!
※『BOLT!』は2014年4月現在、ジャカルタとその周辺でのみ利用可能となっている。

E5375に話を戻すと、賽格電子廣場内のお店は基本的に英語が通じないので、購入は一苦労。今回は、同行していただいた香港在住の携帯電話研究家、山根さんの力を思い切りお借りしながら、目的のルーター&4G LTE対応のSIMカードを入手することができた。

仮に自力で購入する場合は、目的の型番を書いた紙を持ってお店を回って購入する…ぐらいしか方法が思い浮かばない(^ ^;

E5375を販売しているお店には、前述のインドネシアのBOLT!の対応モバイルWi-Fiルータも販売されていたので一緒に購入。価格は2台合わせてCNY 800(約13,000円)で、ざっくりとE5375がCNY 550、BOLT!の方がCNY 250ぐらい。

E5375の入手に続いて、TD-LTE対応のプリペイドSIMカードを探す。
※本当は、E5375を買ったお店でSIMカードを購入するつもりだったけれど、なぜか『利用可能になるのは来月から』と言われ、当日使いたかったので別のお店で探すことに。そんなわけで、この辺りのお店でSIMカードを購入する場合は、利用可能になるタイミングにも注意した方が良いのかも。

中国移動のTD-LTE対応のプリペイドSIMカードは、同じく賽格廣場の3Fの別のお店で販売されているのを発見。購入価格はCNY 300(約 5,000円)

■中国移動のTD-LTE対応プリペイドSIMカード
中国移動の4G LTE対応プリペイドSIM

■プリペイドSIMの説明
SIMカードに関する説明

[説明内容]
有効期限:半年間
初期残高:900元
利用料金:100元/月
通信量:2GB/月
ネットワーク:4G,3G,2Gが利用可能

サービス内容の詳細はイマイチ不明ではあったけれど、『移動4G』と書かれているSIMカードを、買ったばかりのE5375に挿すと、APN設定などは不要でLTE(TD-LTE)に接続された。

■中国移動の4G LTEに接続されたE5375
中国移動の4G LTEに接続されたE37%

屋内では電波が届きにくい場所も多かったけれど、電波状態の良好な屋外でスピードテストを行ったところ、以下の結果を記録。

Ping 42ms
下り:24.61Mbps
上り:3.67Mbps

■スピードテスト結果
スピードテスト結果

中国のインターネット回線なので、TwitterやFacebookなどのSNSが使えないのは不便ではあるけれど、高速な4G LTE回線がプリペイドでも利用可能になるのは有り難いなと(^ ^)

中国でLTEが使えるモバイルWi-Fiルータは、端末&プリペイドSIMを購入する以外に、モバイルWi-Fiルータをレンタルすることでも利用が可能。

レンタルのモバイルWi-Fiルータのレポートについては、現地でサービスを利用した方のレポートが詳しいのでご紹介まで。
いよいよはじまった中国の4Gサービス!テレコムスクエアの「Wi-Ho!」でChina MobileのTD-LTEを試す【レポート】

上記でも紹介されているテレコムスクエアのモバイルWi-Fiルータのレンタルは700円/日と、各社の提供するローミングサービスよりも割安で利用可能。700円/日で利用可能なエリアのうち、中国、香港、フィリピンなどは4G LTEに対応している端末が利用可能となっている。

テレコムスクエアのモバイルWi-Fiルータレンタルは以下より。
韓国、中国などアジア12カ国のwifi利用料金

コメント

  1. kaw より:

    はじめまして。海外モバイル情報を楽しく拝見させていただいております。
    E5375を入手したのですが、設定で少し気になる点があります。
    もしよろしければご回答いただければと思います。
    Wi-Fiの周波数を5GHzに設定すると、MacBook ProおよびiPhone5sからSSIDが見えなくなり、接続できなくなってしまいます。
    仕様なのか不良なのかわからず困っております。
    MacBook ProおよびiPhone5sはどちらも日本で購入した物です。
    shimajiroさんの個体ではどういった挙動をするか、お時間ある時にでもご確認いだだければ幸いです。
    よろしくお願いいたします。

  2. yoshi より:

    先ほど書き込みをしたyoshiです。
    日本通信のフリーDATA SIMで接続が成功ましたので報告します。

    192.168.1.1→Quick Setup
    Profile name:cmcc apn2にして
    User name,Password,APN情報を入力
    (StaticにしてAPNを入れる)

    NTT DOCOMO→No Service表示繰り返すが。3~5分待つとNTT DOCOMOで地球儀マークが出て、パケットが流れ出して4Gも接続できました。

    モバイルネットワーク設定の優先モードは”自動”のままで接続しましたので関係なかったようです。
    失礼しました。

  3. yoshi より:

    こんにちは。先日こちらのブログを参考にさせていただき、E5375を深セン(私は賽格電子3Fの別のお店)で購入できました。中国移動の4GプリペイドSIMで4G/3G/2Gに接続できました(香港SIMでは未確認)。
    ただ、日本で日本通信のフリーDATA SIM(3G/LTE)で試そうとしたところ、Mobile Wifiアプリでネットワーク固定(3Gか4G)をしないとNo Service状態になるのと、APN手動設定を192.168.1.1から変更しても、結局インターネット接続できなかったです。日本通信SIMだからかもしれませんが、海外でもAPN手動設定するところは通信できるかは不安です。また、日本や海外とかで試していただける機会がありましたら、ご報告いただけると参考になります。よろしくお願い致します。