海外滞在中の音声着信が定額になるドコモのカケホーダイ + 050plusの組み合わせが便利

海外(今回は台湾)滞在中の電話での連絡手段として、ドコモのカケホーダイ + VoIPサービスの『050 plus』(税別 300円/月)の組み合わせが便利。

■Xperia Z2(SO-03F)をSIMロック解除して台湾のプリペイドSIM + 050plusで使う
Xperia Z2をSIMロック解除してプリペイドSIM + 050plusで利用

今回の渡航では、日本から電話をかけてもらう時の電話番号として『050 plus』の電話番号を事前に伝えておいたのに加えて、普段ドコモで使っている国内の携帯電話の電話番号宛の電話を『転送でんわ』(無料)サービスを使って、ドコモの電話番号宛の電話を050 plusに転送することで、海外でも国内とほぼ変わらずに電話着信が利用できる状況を整えておいた。

『転送でんわ + 050 plus(などのVoIPサービス』の組み合わせのハードルが下がったのは、ドコモが提供を開始した『カケホーダイプラン』が関連している。ドコモのカケホーダイプランでは、定額通話の対象に050 plusなどIP電話の電話番号宛の転送も含まれるため、海外滞在中はドコモの電話番号宛の電話を050 plusの電話番号宛に転送することで、海外でもドコモの電話番号宛の通話を着信料無料に、なおかつカケホーダイプランの対象通話として、転送に係る通話料金も定額で利用できる環境が実現しており、使い方次第ではかなり便利になる。
※当然、音声通話のローミングと比べて通話品質は安定しない。などのデメリットもあることは理解しておく必要があるけれど…。

『転送でんわ + 050 plus』の組み合わせが気に入っている理由は、相手側(発信する側)に余計な負担をかけることなく実現できる。という点で、必要に応じて(海外に滞在中に)転送でんわの転送を設定するだけで、利用開始/終了ができるし、海外への渡航前に転送でんわの設定を忘れていた場合でも、現地から転送でんわの申込や設定を行うことも可能(無料)であり、料金が定額で利用可能となるだけでなく、運用時の負荷も小さい。というのがお気に入りの理由。

個人的には、音声通話を利用する機会はそれほど多くは無いけれど、それでも海外でのローミングによる高額な通話料を支払する必要なしに、音声通話が定額で利用可能となる環境が整ったのは本当にありがたいところ。

050 plusの申込は以下より。
050 plusの料金は2カ月無料なので『海外滞在中だけ、とりあえず試しに使ってみる』という使い方も十分可能。

050 plus – NTTコミュニケーションズ

なお、申込に『紹介コード』を以下に設定すると申込者&紹介者の両方にクオカードがあたるキャンペーンに参加が可能なので、これから050 plusを利用する方はご活用を。

■050plus 紹介コード
809TXU05