『カケホーダイ』契約時は『ドコモ♪』の音声ガイダンスが流れないように変更されていた

スポンサーリンク

ドコモの音声通話定額サービス『Xiカケ・ホーダイ』(旧料金プラン)を契約した状態で、通話定額の対象になるドコモ宛に音声通話を発信すると、発信時に『ドコモ♪』というガイダンスが流れていたのが、カケホーダイの契約時は音声ガイダンスが流れないように変更が行われた。(変更タイミングはハッキリとアナウンスされていない)

ドコモの『よくある質問』については以下より。

カケホーダイ&パケあえる : よくあるご質問 | 料金・割引 | NTTドコモ

Q10.カケホーダイプランに変更後、ドコモのケータイに電話をすると「ドコモ」とガイダンスが流れるようになった。ドコモ以外に電話すると「ドコモ」というガイダンスは流れないが、カケホーダイの定額対象になっているのか?

A.「ドコモ」の呼び出し音が流れることで、『ドコモの携帯電話以外に発信した際は、有料だと思ってしまう』と、お客様より多くのお声をいただいたため、流さないように変更いたしました。
注意基本プラン(新料金)のカケホーダイプランは、ドコモの携帯電話(Xi/FOMA)/他社の携帯電話やPHS/一般電話への国内通話が24時間定額でご利用いただけます。

カケホーダイを契約していれば、通話相手先がドコモかどうかに限らず通話定額の対象となるため、ガイダンスが流れないように変更された模様。

『ドコモ♪』のガイダンスが流れなくなったのは大きな不都合は無いけれど、そうであればカケホーダイの対象外の電話番号発信時に、カケホーダイの対象外であることを知らせるガイダンスなどなどがあった方が有り難い。というユーザは多いのではと思う。

ドコモおよび携帯電話各社の提供する音声通話定額サービスは、国内の音声通話は完全定額となっているものの、ナビダイヤル(0570で始まる電話)、衛星電話などは音声通話定額の対象外となっている。