日本で使えるデータ通信専用プリペイドSIM『SUGOI SIM』がバンコクで販売されていた 100MB/1日で30日間利用可能

スポンサーリンク

バンコクのショッピングセンター『MBK』の4Fにあるケータイ屋で、日本で使うためのプリペイドSIMカードが販売されていた。

その名も『SUGOI SIM』(凄いSIM)で、販売価格はTHB 1,177(約3,500円)、通信量は100MB/1日まで(以降は速度制限)のデータ通信が、最大30日間利用可能。SIMカードはmicroタイプと、iPhone 5s/5cなどで使うためのnanoSIMが販売されていた。販売価格はどちらも同じ。

■SUGOI SIM パッケージ表面
SUGOI SIMパッケージ

MBKのケータイショップで商品を眺めていたら『SUGOI SIM』と書かれたSIMカードが販売されているのを発見。『すごいSIMって、、、日本向け???』と思って、パッケージを見せてもらうと、思った通り日本を訪れる旅行客や、タイに滞在している日本人が一時帰国する際などをターゲットにしたSIMカードだった。

SUGOI SIMの商品説明は以下Webサイトにて(日本語)
日本国内専用トラベルSIM SUGOI SIM(すごいSIM)ホーム

■SUGOI SIM パッケージ裏面
SUGOI SIM(パッケージ裏面)

パッケージ裏面には漢字で『凄い』と書かれており、インパクトがある。

■SUGOI SIM パッケージ
パッケージ内容

APN設定内容などを見てわかるように、商品そのものはドコモのネットワークを利用するMVNO『U MOBILE』のプリペイドSIM(データ通信専用)となっている。

商品の特長としては、アクティベーションが不要でAPN設定を行うだけでデータ通信が利用可能となるため、インターネット経由でアクティベーションを行う必要があるタイプのプリペイドSIMと比べて手軽に利用開始できる。

インターネット経由でアクティベーションが必要になるタイプのプリペイドSIMは、プリペイドSIMによるデータ通信が利用可能になる前の段階で、Wi-Fi経由など何らかの通信手段を確立する必要があるので、プリペイドSIMとしては使い勝手が悪い。という問題が発生しないのはSUGOI SIMのメリットかなと思う。

『SUGOI SIM』のAPN設定は以下。

名前:任意
APN:umobile.jp
ユーザ名:umobile@umobile.jp
パスワード:umobile
認証タイプ:CHAPまたはPAP
PDPタイプ:IP

SUGOI SIMは、MBK 4Fにあるお店のいくつかで取扱いを確認。

その中で、通常価格(THB 1,100 + 税)で販売しているお店として見つけたのが『Supreme Mobile』というお店。場所はMBK 4Fの『4AC25』。お店はそんなに大きく無い(MBKによくあるフツーのケータイショップ)

■取扱店の一つ『Supreme Mobile』 – MBK
Supreme Mobile

SUGOI SIMは2014年6月より取扱いが開始されており、MBKの4Fにあるケータイショップの他、旅行代理店のH.I.Sなどでも販売されているので、航空券を購入したついでにSIMを買う。というのもありかも。

取扱い店舗の一覧は、SUGOI SIMのWebサイトに記載されている。
日本国内専用トラベルSIM SUGOI SIM(すごいSIM)取扱店・販売場所

日本で使えるプリペイドSIMは、2014年の4月ごろから複数の会社で発売されており、SUGOI SIM以外の選択肢には『So-net Prepaid LTE SIM』(公式Web)や、『OCN mobile ONE Prepaid SIM for VISITOR』(公式Web)などがあるけれど、100MB/1日が30日間使えるSUGOI SIMはコストパフォーマンスが高いサービスと思う。(少なくともサービス仕様の面では)

今回紹介しているSUGOI SIM以外では、日本で使えるプリペイドSIMカードが香港で販売されているのを目撃したことがあるので、最後にご紹介まで。(こちらは中国聯通香港のローミングSIMとして販売されていた)
関連エントリ:中国聯通香港の日本向けプリペイドSIMが香港の深水埗で販売されていた | shimajiro@mobiler