ANA、10月1日以降の燃油サーチャージを値下げ/日本 〜 北米・欧州線では往復で8,000円値下がり

スポンサーリンク

ANAは国際線の航空券に対して設定している燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を2014年10月1日発券分より値下げすることを発表。値下げ幅の最も大きい欧州/北米/中東/オセアニア路線では、往復で8,000円の値下げとなる。以下料金の有効期間は11月末となっており、12月以降は再度変更される可能性がある。

ANAの燃油サーチャージに関するお知らせは以下より。
航空保険特別料金/燃油特別付加運賃について|ANA国際線

■燃油サーチャージ代まとめ(改訂前 ⇒ 改定後)
日本 〜 欧州/北米(ハワイ除く)/中東/オセアニア:25,000円 ⇒ 21,000円
日本 〜 ハワイ/インド/インドネシア:16,000円 ⇒ 13,500円
日本 〜 タイ/シンガポール/ミャンマー:13,000円 ⇒ 10,500円
日本 〜 ベトナム/サイパン/グアム/フィリピン:8,000円 ⇒ 6,500円
日本 〜 香港/台湾/マカオ:7,000円 ⇒ 5,500円
日本 〜 中国:7,000円 ⇒ 5,500円
日本 〜 韓国:2,500円 ⇒ 2,000円
※料金は片道。往復した場合は2区間分の燃油サーチャージが必要

国際線の路線によっては、航空券価格の総額に占める燃油サーチャージなどの割合が非常に高い(運賃は安いのに燃油サーチャージが高い)ことがあるので、燃油サーチャージの値下がりは利用者にとって嬉しいところ。

ANAの場合、燃油サーチャージの料金は『航空券を購入した日』の料金が請求されるので、例えば10月31日に出発する航空券を購入する場合、燃油サーチャージが値下がりする10月以降に購入した方が安上がりになる(航空券価格などが全く同じ場合を想定)