ワイモバイル、PHSユーザ向けにDIGNO Tへの機種変更が無料になるキャンペーンを提供

スポンサーリンク

ワイモバイルは10月1日より、PHSを利用しているユーザ向けに通常価格38,400円(税抜)のDIGNO T(302KC)が本体代を一括0円で提供するほか、PHSからY!mobileのスマートフォンへ契約変更する際の手数料3,000円(税抜)が無料となるキャンペーンを開催する。どちらの特典もスマホプランS/M/Lのいずれかのプランの契約が必用。キャンペーンの終了期間は未定。

このほか、PHS ⇒ スマートフォンへの契約変更時に、従来使っていたメールアドレスの引継にも対応可能(一部機種は対象外)となり、PHSで使っていたメールアドレスをスマートフォンに乗り換えても継続して利用することが可能となる。

さらに、『スマホお試しプログラム』として、スマートフォンの契約から最大8日間の間にキャンセルを申し出ることで、変更前のPHS契約に戻して利用が可能となる。

握手キャンペーンの開始に関するワイモバイルのプレスリリースは以下より。

Y!mobileのPHSをご利用のお客さまへの各種キャンペーンの実施について|2014年|プレスリリース|ワイモバイル株式会社

ワイモバイル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO エリック・ガン)および株式会社ウィルコム沖縄は、10月1日(水)よりPHSをご利用のお客さまが電話番号そのままでY!mobileのスマートフォンへ移行可能になることに伴い、現在Y!mobileのPHSをご利用のお客さまがより手軽にY!mobileのスマートフォンをお使いいただけるよう、各種キャンペーンを実施いたします。

各種キャンペーンが開始される10月1日は、PHS ⇔ 携帯電話間でのMNPが利用可能となるため、ワイモバイルのPHSユーザが他グループへ転出することを阻止する目的のキャンペーンと言える。

『スマホお試しプログラム』の提供については以下プレスリリースにて。

スマホお試しプログラムの提供開始について|2014年|プレスリリース|ワイモバイル株式会社

同プログラムの詳細については後日公開予定とされている。

PHS ⇒ スマートフォンで本体代が0円となるのはDIGNO T(302KC)のみとなっているものの、今後は対象となる端末が追加される可能性もありそう。

なお、ワイモバイルでは2014年10月よりMNP転出時の手数料を2,000円 ⇒ 3,000円に、2014年12月からは新規契約から6ヶ月以内にMNPを利用して解約を行う場合は6,000円の転出手数料が発生するように、MNP転出に係る手数料を値上げすることを発表済み。
関連エントリ:MNP転出手数料改定について|2014年|プレスリリース|ワイモバイル株式会社