iPhone SE(第2世代)、UQ mobileとY!mobileの本体価格は「ほぼ同水準」

スポンサーリンク

UQコミュニケーションズ(UQ mobile)と、ソフトバンク(Y!mobile)は、2020年8月27日(木)よりiPhone SE(第2世代)を揃って発売する。

iPhone SE(第2世代)の本体価格は「Y!mobileと比べて、UQ mobileが1万円以上安い!!」という趣旨で紹介されているのを見かけたものの、条件を揃えて比較すると、UQ mobileとY!mobileのiPhone SE(第2世代)の本体代金には大きな差は無い。

■iPhoen SE(第2世代)本体代金&割引

項目 UQ mobile Y!mobile
容量 64GB 128GB 64GB
本体代金 57,640円 69,500円 57,600円
割引 ▲22,000円 ▲18,000円
割引後価格 35,640円 47,520円 39,600円

※各種価格は税込、オンラインショップでの価格を比較、
※UQ mobileの本体代金割引は新規契約または転入(MNP)で適用、プラン指定は不明
※Y!mobileの割引はスマホベーシックプランM/Rを新規またはソフトバンク以外からのMNP転入で契約すると適用

UQ mobileのiPhone SE(第2世代)は、機種変更時の本体代金が明記されていないため機種変更については不明ながら、新規・MNP契約時の割引額は64GB、128GBモデル共に22,000円。

これらの割引が適用される前の本体代金は64GBモデルが57,640円、128GBモデルが69,500円で、64GBの本体代金(割引前)についてはY!mobileと同水準。
※現時点で、Y!mobileはiPhone SE(第2世代)の128GBモデルを取り扱いしない。

新規契約・MNP契約時は本体代金に対する割引がY!mobile(▲18,000円)よりもUQ mobile(▲22,000円)の方が大きいため、結果的に64GBモデルについてはUQ mobileの方が割引適用後の本体代が割安になるものの、その差は約4,000円。

これは、ワイモバイルオンラインストアで事務手数料(3,300円)が無料になることを踏まえて考えると、オンラインストアでの契約については「ほぼ同水準」と言える。
※UQ mobileの公式オンラインストアは、手数料無料の特典は無い。

そんなわけで、iPhone SE(第2世代)の本体代金については、割引の適用前・適用後はそれぞれUQ mobileもY!mobileもほぼ同水準になる。というお話。
※割引の適用条件や短期解約に伴うペナルティなど、細かな条件で差が出る可能性があるので、そのあたりは詳細が明らかになり次第、追記または別エントリにて。

UQ mobileの公式オンラインストアは以下にて。
UQ mobile

Y!mobileの公式オンラインストアは以下にて。
ワイモバイルオンラインストア