WiMAX 2+の10月キャンペーンが間もなく終了、MVNOではNAD11新規契約で15,000円キャッシュバックも

WiMAX 2+の10月分のキャンペーンが間もなく終了となるので、キャンペーン内容のお知らせ。

2014年10月分のキャンペーンとしては、UQコミュニケーションズ本家が契約事務手数料相当の商品券(3,000円)をプレゼントを行っているほか、MVNOではSo-netおよび@niftyにて15,000円のキャッシュバックが行われている。

NAD11を対象としたキャンペーン比較 – 2014年10月

事業者 UQコミュニケーションズ nifty So-net
端末代 本体のみ:800円
クレードルセット:2,800円
クレードルセットで1円 クレードルセットで2,750円
契約事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
特典内容 商品券3,000円プレゼント (1)キャッシュバック:15,000円
(2)タブレット:MeMO Pad 7プレゼント
※(1)または(2)のどちらか
(1)キャッシュバック15,000円
(2)タブレットレンタル料を最大20,400円割引
※(1)または(2)のどちらか
キャッシュバック受取時期 不明 開通月から9カ月目 申込から13カ月後の15日にメールにて案内
契約年数 二年間 二年間 二年間
契約月のWiMAX通信料 有料 無料 無料
契約解除料 1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目以降:9,500円
1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目以降:9,500円
※タブレットセットの場合は違約金が5,000円が上乗せされる
1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目以降:9,500円

ここで紹介している3社については、契約解除料や契約期間などの条件は各社共通となっている(タブレットセット時の解除料上乗せを除く)ので、単純にキャンペーン内容だけで比較すると、キャッシュバックが手厚いMVNOの方がキャンペーン内容は手厚い。

ただし、MVNO各社と契約した場合、UQコミュニケーションズ本家で契約した回線と比べると通信速度が出にくい。ということがあるので、キャンペーンでの還元などなどよりも通信速度を重視する。という方は、UQコミュニケーションズ本家の契約をオススメ。

UQコミュニケーションズでは、NAD11の本体代が2,800円 ⇒ 800円に、クレードルセットは4,800円 ⇒ 2,800円に値下げ(価格は二年契約時)されているので、NAD11の本体価格についてはMVNOとの差が小さくなっている。

MVNOの@niftyとSo-netを比較すると、クレードルセットが1円で入手可能な@nifty WiMAXの方がキャンペーン条件が良くなっているので、キャンペーン特典を重視する方は@nifty WiMAXのキャンペーンがオススメ。

WiMAX 2+の新規契約時のキャンペーンとしては、端末代がほぼ無料になる他キャッシュバック15,000円前後という特典が数ヶ月続いているので、11月以降も基本的には似た内容でキャンペーンが行われることが予想されるものの、キャッシュバック金額が減少となったり、端末価格が変更される可能性はあるので、10月中のキャンペーン内容で納得できる方は、納得できる特典が提供されているうちに契約するのもオススメ。